独習 教養をみがく#5】最悪の事態に備えた「プランB」を策定しよう

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2020年8月3日発売当時のものです。

【経営】ビジネスリーダーの心得
「プランB」を策定しよう

経営コンサルタント・大前研一

 いまだに「秋口にはコロナ禍が去っている」というメンタリティーの企業経営者が多いことに驚いている。多少深刻に考えている経営者であっても、「1年ぐらいで終わる」と思っている。しかし、いずれも甘い。私は経営者に対してプランB(最悪の事態に備えた事業計画案)を策定するようアドバイスしている。プランBの前提は、今のような状態が最低でも3年続くというもの。世界の主要国35億人以上に対してワクチンを接種できるようになるのは最速で3年、5年かかるかもしれない。しかもワクチンの効果は持続しないかもしれない、と言う専門家もいる。

 人の移動が大幅に制限された今のような経済状態が長期にわたって続く。3〜5年も続けば、もはや元には戻らない。この前提でプランBを策定するべきだ。

100年前の教訓
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar 賛同しかねる 4日前 replyretweetfavorite