描き子さんのマンガ「男と女、どっちもつらいよ」書籍化のお知らせ

cakesの人気連載「男と女、どっちもつらいよ」が、9月10日(金)に『女と男、このしんどさは誰のせい?』として永岡書店から書籍化されます。

cakesで連載中の描き子さんのマンガ「男と女、どっちもつらいよ」が、永岡書店より『女と男、このしんどさは誰のせい?』として、9月10日(金)に発売されます。cakesに掲載された15話を大幅に加筆修正し、また書籍でしか読めない書き下ろしも収録しています。


女と男、このしんどさは誰のせい?

『女と男、このしんどさは誰のせい?』内容紹介

「女なんて…」「これだから男は…」など、恋愛、結婚、育児、仕事の場でときに起こる考え方の違いや、誤解で生まれてしまう男女間のすれちがい、いがみ合いを減らすにはどうしたらいいのでしょうか?

双方に悪気はないけれどなぜか起こってしまう男女間の対立について、「考えるイラストレーター」として活動中の描き子さんが客観的に考察するエッセイ&マンガです。


「はじめに」より

家にいる時間が増えたことで、今まで見ないようにしてきた心のすれちがいや、自分の中の相手へのもやもやに気づいてしまった人たちに向けた、 男女の違いを改めて考えさせられる内容になっています。

各話の最後には、男性の友人たちとの意見交換も収録。オールカラーで全192ページと、読み応えのある1冊となっています。ぜひご覧ください!


各話の最後に収録されている「オンナとオトコのすり合わせ」

目次
Part1. 女と男、比べられるのが当たり前?
Part2. 女の人生をぐるぐる考える
Part3. 結婚生活とか、育児とか
Part4. 男らしさ、女らしさって?


描き子さんコメント

2020年から続けてきた連載がこうして一冊の本としてまとまることで、これまで描いてきた男女の苦しみの構造と対比について、一層わかりやすく、楽しく読んでいただけるものになったと思います。
「男/女って、どうしてこうなの!?」そんな疑問を解消するためのひとつのヒントとして。男女の話し合いの足がかりとして。女子会・男子会の酒の肴なんかにもいかがでしょう。男女問わず、たくさんの方に手に取っていただきたいです。

描き子さんプロフィール

1987年生まれ。考えるイラストレーター、デザイナー、ライター。
親との関係、周囲からの孤立感、夫や子どもとの関係に悩んだ経験を生かし、「暮らしに前向きな変化を起こす」ことをテーマに、人の生きづらさを解消するべく情報発信をしている。著書に『推しにも石油王にも出会えない私たちの幸福論』( ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。Twitter:@kaqico



この連載について

初回を読む
cakesからのおしらせ

cakes編集部

cakesからのおしらせを掲載します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード