姫は言った、「女性として生きるのは面倒くさい」―『竹取物語』3

物語の神は言った、「男が中心に存在してこそ正しい物語である」と。そんな神の支配する『竹取物語』の世界に生きる内気な姫さよは、帝の后選びの難題に苦戦しては泣くばかり。そんな中、他にも后候補になっている姫君の一人は身だしなみも整えず、傍若無人な姿を隠さない。この姫、物語をいかに動かすのか。河出書房新社から今秋発売予定、雀野日名子さんの痛快エンタメ小説を、いち早くお届け。

【姫君その四 裕福な姫君のある日】


商団が持参した深紅の琴に、簾の内側から「おお」と声が上がった。

「天竺の修行者が、唐の寺院に奉納したものです。天竺の火山に生える、決して炎に焼かれぬ菩提樹で作られた琴でございます。蓬莱山ほうらいさんの天女が所有していたもので、韃靼だったんの王のために奏でたとのこと。姫君が帝から賜ったお題は、決して燃えることのない火鼠ひねずみの皮衣。それを描くのに、この琴ほど相応ふさわしいものはありますまい」

「お父上、私はあれがほしい!」

「値はいかほどじゃ」

女商人は簾に向けて二本の指を示してみせる。控えの女房たちは眉間にしわを寄せ、扇で口元を隠して囁きあうが、右大臣は意にも介さず、執事にきんの用意を命じる。頭を下げた女商人は目を細めた。

「姫君は運がよろしゅうございます。こたびの船では稀少な品々が入りました。こくの姫が召される絹。唐の后がお使いになる香油。わが商団にとっても初の品々でした。商館を訪ねてこられる方は引きも切らずでございます」

「お父上、絹や香油もほしい!」

「よかろう、よかろう。して、値はいかほどじゃ」

女商人はうやうやしく片手を広げる。

「琴と合わせて五つか?」

「絹だけのお値にございます」

女房たちの眉間のしわが、さらに深まる。だが右大臣は満足だった。一人娘への投資は自身への投資なのだ。

右大臣は不幸にして八人の息子を流行病はやりやまいで失った。しかし天は、唯一の姫君は取り上げずにいてくださった。天がもし、八人の息子を残すかわりに姫君を奪っていたら、右大臣の絶望はどれほどのものだっただろう。仮に息子ばかりを百人持っていたところで、がい祖父そふの地位を得られる可能性など万に一つもないのだ。

「ところで近々、弘法大師が愛用した筆が届きます。姫君の和歌が一段と映えるかと思いますが、いかがいたしましょうか」

「お父上、筆もほしい!」

右大臣は、追加の金子を用意させた。


部屋に運びこまれた琴を、姫君は楽しげにつまいた。

急ごしらえで絃を張ったかのように音が硬いが、馴らせばよい響きを出すだろう。鳳凰のまきは七色に輝き、でんは紫陽花の色を放っている。

お父上はこの次は、后の座を用意してくださるそうだ。姫君自身は后の座よりも、宮中でしか食べられない珍しい菓子のほうに興味があるのだけれど、お父上もお母上も后の座を望めと言っている。ただし后の座を手に入れるには金子ではなく、姫君の琴の演奏と和歌が必要なのだと。

親が勧めるものに間違いがないことを姫君は知っている。初潮の祝いで与えられた衣だって、女房たちが推したものよりお父上とお母上に選んでもらった衣のほうが、貴公子たちの評判が良かった。もっともお母上には常々、「歌を交わしてよい相手は帝だけですよ」と言われているので、貴公子たちから贈られた和歌には返事をしたことがない。

早く帝にこの琴の由来を話したい。帝のお顔も見てみたい。噂では帝は「たとえようもないお顔立ち」とのこと。ああ、早くお目にかかりたい。

飽くことなく琴を眺めていた姫君に、女房が「そろそろご用意を」と告げる。今日から屋敷の者たちを連れて、五日間の愛宕山あたごやまもうでに出かけるのだ。「火の神を祀る地なので、帝に賜ったお題の助けになるかもしれませんよ」と、お父上とお母上が参拝を提案したのである。とはいえ姫君が期待するのはご利益ではなく、名物の団子や餅だ。

甘物のことで頭がいっぱいになってしまった姫君は、琴を出しっぱなしにしたまま、身支度の間へと向かった。


五日間の愛宕山詣でで甘物を堪能し、屋敷に戻ってきた姫君は、琴の異変に気がついた。

鳳凰の蒔絵も紫陽花色の螺鈿も、ところどころ削り取られている。鼠にかじられたに違いない。弾いてみるとりゅうとうがぐらつき、絃が間の抜けた音を立てた。

「いかがなされましたか?」

几帳きちょうごしに女房が声をかける。姫君は「お父上を」と言いかけて、「なんでもない」と答えた。

どうしよう。

愛宕山詣でのあいだ留守を預からせていた二人の使用人に話を聞こうと、呼びにやらせた。だがどこにもいなかった。やがて縁の下から、血のついた衣が見つかった。きっと鼠を追い払おうとして噛まれ、そのまま屋敷から逃げてしまったのだろう。

いずれにしても、琴を片付けさせなかった自分が悪いのだ。お父上やお母上には内緒にしておかなくては。翌日、姫君はひそかに女商人を呼び、人払いをした。

「あの琴を、もうひとつほしい。屋敷の誰にも知られぬよう、持ってまいれ」

姫君は螺鈿の箱を開けてみせる。珊瑚やすいが溢れんばかり。女商人は手に取ることなく値を踏む。いずれも自分が納品したもの。値踏みは容易い。

「一年ばかりお待ちいただければ」

「一年はならぬ。帝の定めた期日は、あとふた月じゃ」

姫君は別の箱を開けてみせる。のうや黒真珠がこぼれ落ちた。

「それではただちに、急ぎの使いを」

女商人は、手下の女に螺鈿の箱を包ませると退出した。

姫君は琴が届くのを今日か明日かと待ちわびた。だが知らせが届くことはなかった。

物語の神は、姫君その一からその四までが、設定どおりに動いているのを見て満足した。さて、残るはひとりである。「女たちへの戒め」として設定した姫君だ。女たちはこの姫君の末路を見ておびえ、反面教師とすることだろう。

【姫君その五 怠惰な姫君のある日】


なぜ、こんな姫に育ってしまったのか。中納言は頭を抱えるばかりだった。

帝の定めた期日までに一ヶ月を切ったのに、姫君はごろ寝ばかりしているのだ。見かねた中納言は家臣たちに命じ、帝からのお題である燕の子安貝を求めさせた。役所の柱に巣を作るというので、足場を組ませたりもした。だが燕に糞をかけられ、足場から落下する者が続出した。やがて、帝の后になりたいのは中納言のほうではないかとからかわれるようになり、肩身の狭い思いをしている。

いしづくりの姫君は美に磨きをかけておるというのに、そなたも鏡ぐらい見たらどうじゃ」

「面倒臭うございます」

姫君は、あくびしながら返事する。

車持くらもちの姫君は、心願成就を祈念するために尼寺に籠もられているそうじゃぞ」

「面倒臭そうなこと」

姫君は退屈そうに髪を触り、臭いを嗅ぐ。

女児に恵まれなかった中納言は十三年前、一歳を迎えたばかりのこの娘を養女にした。「わが娘をぜひご養女に。必ずや美しく育ちましょう。その代わり、わしを昇進させていただきたい」と懇願する下級役人から譲り受けた子で、たしかに美しい娘に育ったのだが、和歌や琴の稽古を面倒くさがり、白粉おしろい引眉ひきまゆで化粧することを面倒臭がり、歌合うたあわせで他の女人たちと集うことを面倒臭がる。世話をする女房たちによると、暑い日には肌が透けるようなひとえ一枚でごろ寝をし、口元を隠すべき扇で胸元をあおいでいるという。そのような話を聞かされると、もしやあの小役人は、羅城門に打ち捨てられていた乳児を拾いそれを我が子と偽ったのではないかと、中納言は疑念を抱くのだった。

とはいえ、中納言の命運はこの姫にかかっている。先の帝の派閥闘争をくぐり抜け、従六位の身から今の位まで駆けあがってきた中納言は、帝の臣下で終わるつもりなどさらさらない。こっきゅう、さらには外祖父となり、この国を動かすという野望がある。車持の一族が政権を握ろうとしているが、そうはさせるものか。そのためにはなんとしても、この怠惰な姫の心根を入れ替えさせなくてはならない。

「帝は決して、多才な姫をお望みなのではない。女人として優れた心を持つ姫であれと仰せなのじゃ。帝にお心を捧げ、美しさに気を配り、男児を産むという、女人として当たり前の生き方を幸せとする姫じゃ。ありもしないものを琴で描けというお題を出されたのは、帝なりの、姫たちの心のはかり方なのであるぞ」

姫君は、ますます面倒臭そうにあくびをする。

「姫よ、燕の子安貝が手に入らぬゆえ、なにもできぬと申すのか?」

「そのようなことは申しておりませぬ」

「ならば、なにが不足と申すのじゃ」

「他の四人に勝てとき立てられるのが、面倒臭いのでございます」

「また、そのようなことを申す。それに大納言の姫は頭数に入れずともよろしい。塗籠へやに閉じこめられて涙するばかりの、気弱な役立たずじゃ」

「泣くだけ、ましでございましょう。私は目から涙を出すことすら面倒臭い」

姫君はごろりと横になり、寝転がったまま養父を見上げた。

「私が勝てばよい相手は、ひとりだけでございます」

「それはどの姫ぞ?」

「答えるのも面倒臭い」

やがて姫君は寝転がっているのも面倒臭いと言い、琴に触るようになった。しかし中納言の期待は、すぐに失望へと変わった。姫君は絃を引っぱってみたり、音の高低を決める柱を遊び半分につまんでみたりするばかりで、いっこうに調べを奏でようとはしなかったのである。

ここから先は、物語の神が関与せずとも、「物語」は「正しく」動いていくだろう。女の模範として設定した姫君は幸せな締めくくりを手に入れ、その対極に設定した姫君は哀れな終焉を迎えるのだ。哀れではあるが、このような者も設定しないと、女たちへの戒めとはならないのである。

(つづく)


次回「二人の姫が出会うとき、物語は動き出す―『竹取物語』4」は9/16(木)更新予定。お楽しみに!


この連載について

初回を読む
かぐや姫、物語を書きかえろ!

雀野日名子

物語の神は言った、「男が中心に存在してこそ“正しい物語”である」と。 そんな神の支配する『竹取物語』の世界に生きる内気な姫さよは、帝の后選びの場で勝気な姫ごうに出会う。自由を求め物語の神に反旗を翻した二人は、『源氏物語』から『平家...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PagannPoetry 三話が公開されました!いつの時代も女性として生きるのは大変なことです。 5日前 replyretweetfavorite