名門大学 シン・序列#11】関東の有力私大 3つのトレンドで大変貌

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2020年5月25日発売当時のものです。

 次の時代を担う人材をどのように育成すればいいか ──。各大学の新設学部や新しい教育プログラムから、その答えが見えてくる。私立大学で相次いでいるのが、国際系、情報系、既存の学問体系にこだわらない独自の学部・教育という3つのトレンドだ。

 国際系で先陣を切ったのが、2008年に設立された立教大学の異文化コミュニケーション学部と法政大学のGIS(グローバル教養学部)だ。ともに英語を中心としたカリキュラムを基に、海外留学といったプログラムを充実。英語で受講できるコースも設けられ、帰国子女などが多く入学している。

上智大学は2014年に総合グローバル学部を設置、国際関係論やアジア、アフリカ、中東の地域研究などを手がける。学習院大学も16年設立の国際社会科学部で英語を充実させたカリキュラムを展開、国際的なビジネスの場で活躍できる人材を育成する狙いだ。中央大学も19年に国際経営学部を新設、経営学を英語で学べる点が強み。外国語の授業だけで卒業できるため外国人留学生の受け皿となっており、2年目の20年は外国人学生数が倍増する見通しだ。

情報系の新設相次ぐ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません