名門大学 シン・序列#6】陸の王者、慶応大学の入学試験に変化

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2020年5月25日発売当時のものです。

 私立大最難関の慶応大学。ほかの私立大学は入試制度の変更が頻繁だが、慶応は文系学部の一般入試で国語の代わりに思考力、判断力を見るための小論文を課すなど、独自の一般入試を長年続けている。センター試験に代わって2021年度入試から実施される大学入学共通テストの導入予定もないが、これは現在の一般入試で有能な学生が集まっているという自信の表れだといえる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません