名門大学 シン・序列#4】国立・私立トップが異色タッグ

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2020年5月25日発売当時のものです。

 日本を代表する2大学が、タッグを組んだ ──。

 2020年3月30日、東京大学と早稲田大学が大学間の交流に関する包括協定に調印した。

 東大の五神(ごのかみ)真総長は、提携の狙いについてこう説明する。「知識やデータが価値を生む『知識集約型社会』を見据えて、社会のニーズを吸い上げてフィードバックする社会実装力で先行する早稲田と、産学連携やビッグデータ解析など、先端をいく研究に強みがある東大。相補的な強みを持つ両校が組むことで、社会変革を駆動することが可能になる」。

 一方の早稲田の田中愛治総長は、「コロナ後の社会で加速するデジタル化に向けて、今から両大学で備えていけば、欧米に対し周回遅れの状態から日本を飛躍させられる」と期待を寄せる。

 両総長がそう豪語する一方で、具体的に何に取り組んでいくかはまだ生煮えのようだ。

 提携内容として明かされたのは、学生や研究者の人材養成と交流、共同研究、そして、整った東大の研究設備を早稲田にも開放するなど施設の相互利用の4つ。共同研究については、ビッグデータ、量子コンピューター、新しいデジタル技術の社会実装、地球規模の課題解決などの領域が考えられるという。

 が、これだけでは五神総長の言う「社会変革」がどのように進むのかは、いま一つ見えてこない。

東大の「野望」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません