わかる日本書紀

堂々巡りの協議、停滞する任那情勢【第29代⑤】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第4巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第29代、欽明天皇の御代のお話。

欽明天皇、百済に任那復建を促す①

欽明四年十一月八日、天皇はツモリ(津守)(のむらじ)※1を百済に遣わして聖明王にこう伝えさせました。
「任那の下韓(あるしから)にいる百済の郡令(こおりのつかさ)、城主(きのつかさ)※2を日本府の所属に変更せよ。
百済が任那再建を主張してはや十余年経つが、全く成果がない。任那は百済の柱であり早々に再建すべきだ。任那再建が成功すれば、言うまでもなくカウチ直(のあたい)は任那から手を引く」

この日、聖明王は天皇の言葉を受け、三人の佐平(さへい)※3らに対策を尋ねました。
佐平たちは答えました。
「とんでもありません。下韓にいる我が国の郡令と城主は、日本府付けにせずそのまま置いておくべきです。
ただ、任那再建は天皇のお言葉を受けて進めましょう」

十二月、百済の聖明王は、他の臣下たちにも天皇の言葉を公表し対応を尋ねました。臣下たちは全員で協議し、回答しました。
「任那を再建せよという天皇のお言葉は、速やかに受け入れ進めるべきです。今すぐ任那に派遣している百済の役人と任那諸国の王たちを召集し共に話し合い、天皇への上表文(じょうひょうぶん)を作って我々の意見を伝えましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません