人を埋める穴を掘る

祖父と戦争編の続きです。戦地では、戦死した仲間を埋葬する穴も自分たちで掘ったそう。どんな気持ちだったのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kfthinwor33 https://t.co/kA5lPw4oyX  戦争時の話から「狂気の沙汰」と感じることは多い。横井庄一さんが「徹子の部屋」の番組で「日本のゴルフ場を農地に変えるべき」というような発言をしておられた。バブル時で皆それをせせら笑っ… https://t.co/CRKQFDAXbR 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

billken6 当事者でなければ、知り得ない話。死に対する不安。戦争で亡くなった方は成仏されているのか?今回もいろいろと考えさせられました。 https://t.co/ejURMBm44u 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

knasada 異地、葬り、弔い、現代の想像範囲を超えるご体験。地面が硬くなる期間が長いシベリアや中国東北部の光景、表現いただき、あらためてかみしめています。 |日暮えむ|新ひぐらし日記 https://t.co/NVXQ82MW78 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

quartetnight78 永久凍土の下にも 南の諸島にも 眠ってるんだよね… https://t.co/GLogX1YbiB 約2ヶ月前 replyretweetfavorite