​「肘をついて食べる」「くちゃらー」の人との結婚を考えて良いのか?

今回は林伸次さんのnoteに来た質問にお答えします。婚活する中で、食事のマナーができていない人ばかりに出会うが、これは結婚において妥協するべき条件かというお話です。林さんはどう答えるのでしょうか?

常識やマナーは難しい

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、僕のnoteに、「婚活で会う人がくちゃらーや肘をついて食べるといった、食事のマナーがひどい人ばかり。自分の周りにはそんな人はいない。これは自分の理想が高いということでしょうか。妥協をすべき条件なのでしょうか?」という相談がきました。というわけで、今回はマナーについて考えてみたいと思います。

僕、両親が共働きで、2人ともすごく忙しく、0歳の頃から乳児保育所に通っていたんです。家族全員で食事するなんてことがめったにないし、あってもお正月の時くらいだったんですね。さらに、最近は聞かない言葉ですが、いわゆる「放任主義」で育てられたので、僕は一般常識というのをあまり教えてもらいませんでした。いまだに常識がない人間だと思います。

それと僕、ホワイトカラーの仕事をしたことがないので、日本のサラリーマンなら知っていて当然の常識的なマナーみたいなのも全くわかりません。妻はそういう社会常識みたいなものを理解している方なので、付き合い始めた頃にしょっちゅう「そんなことも知らないの?」と「矯正」してもらいました。

娘がまだ小さいときに、妻と3人でカジュアルなイタリアンに行ったのですが、店内でかかっているBGMが「すごく僕の好み」で、その音楽の話ばっかりしてしまったんです。そしたら妻が僕に向かって、「あのね、お父さん(僕のことですね)の目の前にある料理はお父さんが取り分けないと、みんな食べられないんだよ」って言われて、すごく情けない気持ちになってしまったことを、今でも覚えています。

そういう僕の「常識知らず」とか「マナー知らず」は数え上げるとキリがありません。いやほんと、よくうちの妻、僕と付き合ってくれたし、結婚してくれたよな、と今でも思います。

直せるところより直せないところを見る

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

HwLBXImngExo3WX 「肘をついて食べる」「くちゃらー」の人との結婚を考えて良いのか?|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 これ、僕の言いたいことが書かれてる。分かる〜。 https://t.co/patcZ3my8m 22日前 replyretweetfavorite

yagicowcow 「テーブルに肘をついていいのはヘップバーンだけ」と昔女の子に言われました。 頑張って守っております。​ 「肘をついて食べる」「くちゃらー」の人との結婚を考えて良いのか?|林伸次 @bar_bossa | 25日前 replyretweetfavorite

kanan_2010 「肘をついて食べる」「くちゃらー」の人との結婚を考えて良いのか?|林伸次 @bar_bossa | めっちゃ正解だ 25日前 replyretweetfavorite

yakiimotrader 若造の私は、他の人ならいやだなと思うことも許せるくらい好きになってしまいたい、と思ってしまいました☺️テレ https://t.co/MsJEA4UKQE 25日前 replyretweetfavorite