ポリアモリーは「何でもアリ」じゃない

複数の人と同時にそれぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイル「ポリアモリー」。ネット記事などで、ポリアモリーを取り上げられることが増えてきたなかで、ポリアモリー当事者のきのコさんは「ポリアモリーには何の制約も束縛もない」という説明に違和感を覚えるのだそう。このような世間の認識のズレとポリアモリーの規範について、きのコさんが解説します。


※きのコさんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、質問フォームを通じてお送りください!HN・匿名でもかまいません。

こんにちは、きのコです。
今回は、ポリアモリーと規範について考えてみたいと思います。

「ポリアモリーは何の制約もない!」の違和感

世の中に少しずつポリアモリーについての発信が増えてきました。それは嬉しいのですが、ネット記事などでよく見かけるのが「ポリアモリーは自由恋愛!」「何の制約も束縛もない!」といった喧伝の仕方です。一見カッコいいようですが、私はこういった説明にはちょっと違和感を覚えます。

以前、私の主催するポリアモリーのイベントに来ては「ポリアモリー最高!すべての常識をぶっ壊したい!」と息巻いていた人がいましたが、私は正直「すべての常識をぶっ壊しちゃったら、それはそれで不自由なんじゃないのかな…」と首をかしげたくなりました。

そもそも、常識にせよ規範にせよ、生まれた時から世間で育ってゆく中で無意識下に刷り込まれるものなので、自分の中に根付いている常識や規範をぶっ壊す以前に、すべて自覚することすらままならないはず。むしろ、何の常識も規範ももっていない人とコミュニケーションしたり関係性を築いてゆくこと自体、非常に難しいのではないでしょうか。


ときたまポリアモリーに対して、「合意があれば何でもアリか!」というような批判をぶつけられてビックリすることがあります。「合意があっても複数人と恋愛するなんてダメ」「我慢しなければならない」という意見を見ると、「我慢する」ことがいかに強い規範として人々の意識に刷り込まれているかを実感します。

「当事者達の合意があってもダメなものはダメ」って、一体どういうことなのでしょう…。つまり、どうもその根底には「当事者達の合意よりも優先するべき価値がある」という考え方があるらしいのです。

たとえば森鷗外の小説「高瀬舟」に出てくる、兄が弟の自殺を助けるエピソードはそのような考え方を問うものと言えるかもしれません。自殺しようとしたけれど死にきれなかった弟と、その自殺を助けてやった兄。当事者達の合意の上のことです。でも、兄は法律上は殺人の罪に問われ、島流しの刑に処されてしまう。

高瀬舟のエピソードについては、「当事者達の合意があるならいいじゃないか」「合意があっても殺人はダメだ」両方の議論があるでしょう。ポリアモリーも、まさにそのような議論に晒されているのだと思います。

とはいえなんだか勘違いされがちなのですが、ポリアモリーは基本的に「あらゆる規範は不要」などと主張するものではないし、無秩序状態や無法地帯を推奨するものでもありません。

ただ、当事者達の合意を何より重んじるという、いわば”合意至上主義”みたいな特徴を備えた概念だとは思います。あらゆる規範を無視するわけではなく、”合意を重んじる”という独自の規範なのです。ですから、ポリアモリーか否かに関わらず、規範と「合意を重んじること」とは上下関係にも対立関係にもなりません。合意を重んじることそれ自体が、ポリアモリーにとっては規範のひとつなのですから。

合意を得るという規範が完璧なものだとは思わないけれど

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし、恋人が2人います。

きのコ

「ポリアモリー」という言葉をご存じでしょうか? ポリアモリー(複数愛)とは、複数の人と同時に、それぞれが合意の上で性愛関係を築くライフスタイルのことをいいます。浮気でも不倫でも二股でもない「誠実で正直な複数恋愛」とはどのようなものなの...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kinoko1027 この一連のやりとりをきっかけにこの記事を書きました。 #ポリアモリー https://t.co/AFJ96qsV9q https://t.co/giXRPxZxOP 25日前 replyretweetfavorite