最大の不安はお金の問題

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第8章 お金と働き方

【制度の利用】 シングルマザーとお金の問題

弁護士や医師、経営者など高い収入を得ている方は別ですが、私のように専業主婦で離婚したシングルマザーにとって最大の不安はお金の問題です。
子どものいる夫婦が離婚するときは、親権、慰謝料、財産分与、養育費などの問題をどうするか決めなければいけません。
中には、協議離婚というわけにはいかず、双方が弁護士を立てた離婚調停や裁判となる場合もあります。

私の場合は、離婚経験のある友人から、「親権がほしいなら、子どもを絶対に手放さずに別居すること」とアドバイスをもらったので、まず別居に踏み切りました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません