東大に合格できた7つの勝因

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第7章 大学受験対策

【教育方針】 東大に合格できた7つの勝因

今振り返ってみると、息子二人が東大に合格したのは、本人たちが「本気で勉強をはじめよう!」と思ったときに本領発揮できる土台づくりを、小さい頃から積み重ねてきたからだと思います。
中学までまったく勉強をせず、高校で急に猛勉強して東大に合格する子もいるかもしれません。しかし、私の息子二人がもしそのようなチャレンジをしたとしても、おそらくただの無謀な闘いに終わったと思います。

では、何が二人の東大合格の勝因だったのか?  この機会に本人たちにも確認してまとめたのが次の7つのポイントです。

①幼少期から小学校低学年まで、毎晩、絵本を読み聞かせて、そのあとに感想を言い合ったり振り返りをしたこと  
→この習慣により想像力、思考力、表現力が高まった
②幼児期から「勉強するときは勉強」「遊ぶときは遊ぶ」のメリハリをつけながら育てたこと  
→短時間の濃い勉強習慣で「集中力」を身につけることができた

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません