​メンタリストDaiGoの主張を読む

「メンタリスト」を自称するタレントのDaiGoが、自身のYouTubeチャンネルでホームレス生活者や生活保護受給者の命を軽視する発言を行い、批判を集めています。なぜ彼がこのような発言をしてしまったのか、過去の著書などから武田砂鉄さんが考察します。

「自分にとって必要のない命は僕軽いんで」

メンタリストを名乗るDaiGoのYouTubeは、いつも立派な本棚の前で収録されている。本という存在を大切に考えていると予想される。その点については同意できそうなので、これを機に彼の本を5冊ほど通読してみることにした。

まずはおさらい。今回、彼は生活保護受給者やホームレス状態にある人を猫と比較し、「生活保護の人が生きていても、僕は別に得しないけど、猫が生きていれば、僕は得なんで」と言い、「自分にとって必要のない命は、僕軽いんで。ホームレスの命はどうでもいいんで」と続けた。許される発言ではない。その後、彼は謝罪した……ということになっているが、謝罪動画を配信する前に、別の動画を配信しており、そこでは、「謝ることでもない」「(自分を批判するような人よりも)はるかに税金を払っているので、僕の方が(ホームレス状態の人らを)助けている」と述べている。

動画のコメント欄にはDaiGoの信奉者からの応援メッセージも多く書き込まれていたし、謝ったんだからもういいだろ、という、攻撃に近い擁護も見かける。だが、「開き直り」を挟んだ後での「謝罪」だったのだ。「問題発言→謝罪」ではなく、「問題発言→開き直り→謝罪→もう一回謝罪」という流れだったことを忘れてはいけない。

「見ている人に考えるすきを与えない」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

発売即重版! 武田砂鉄さんの最新刊、ぜひお読みください。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chanmog_urusai メンタリストDaiGoの主張を読む|武田砂鉄 @takedasatetsu | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

AllRivers1 うなずきながら3回読んだ。 メンタリストDaiGoの主張を読む| 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

silver0984 この人の本も読んだことないしテレビも見たことない。顔つきが嫌だと思ってたけど。 https://t.co/diBvj9lXqi 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

nocotter_ メンタリストDaiGoの主張を読む|武田砂鉄 @takedasatetsu | 約1ヶ月前 replyretweetfavorite