河村たかし市長がメダルを噛んだ五輪

東京オリンピックが閉幕しました。日本代表は過去最多のメダルを獲得する活躍を見せましたが、同時に日本における様々な問題があぶり出された大会でもありました。終わってもなお問い続けなければいけないオリンピック問題を考えます。

感動的なシーンの数々で問題は消せない

オリンピックが終わった。当然だが、終わったからといって、始まる前から積み上げられた問題点が消えて無くなるわけではない。賄賂などの不透明な招致プロセス、開催費用の高騰化、新型コロナ感染を防ぐとしていた「バブル」が崩壊し選手や関係者から多くの感染者が出た事実、何が何でも開催を優先する政治体制が作り上げた「楽観バイアス」による感染拡大など、論点は残るというか、増える一方だ。脳裏に焼きついている感動的なシーンの数々で、残されている問題は消せない。選手が、ではなく、政治が選手を活用して消そうとしてくるが、消してはいけない。「そんなことやっている場合ではないのにやってしまった」という事実はずっと重い。終わっても重い。終わってからが重い。オリンピックはやるべきではなかった。

表敬訪問など不要

名古屋市の河村たかし市長が、表敬訪問をした女子ソフトボール選手の金メダルを噛んだ。コツンと音がなるほど噛み、なおかつ、メダルをぶら下げる紐の部分までしっかり噛んでいる。河村の謝罪はこうだ。「最大の愛情表現だった。金メダル獲得は、あこがれだった。迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい」。それぞれ、どうかしている。愛情表現とは、河村の、何に対する愛情表現なのか。選手なのか、金メダルなのか。どちらであっても、河村が愛情を表現する対象ではない。金メダルを獲得するのが憧れだったことと、人様の金メダルを噛む行為がどうやって繋がるのか。憧れと噛むは、彼の頭の中でどう結びつくのか。どんな理由でも理解しがたいが、みんな理解してくれるはずと思っていたのが彼のようで、それは、「迷惑をかけているのであれば」と、条件付きで謝ったことからも見えてくる。

「表敬訪問」とは「敬意を表すために訪問すること」を意味する。噛んだ日、河村市長は選手に対して、感謝状を送っている。その文面には「多くの名古屋市民に希望と誇りを与え、スポーツを通じて、イメージの向上に寄与されました。ここに感謝の意を表します」と書かれている。敬意を表するために訪問するならば河村のほうである。以前も触れたが、オリンピック憲章には、「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない」と書かれている。だからこそ、国や自治体が好成績を収めた選手を自分たちの利点となるように活用する動きには、すべて首を傾げなければいけない。今件に限らず、選手からの意向がないのであれば、表敬訪問など不要だ。

増田明美「(〇〇選手には)ちゃんと彼氏がいる」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

BEjjRFPzKj7CuOi 日本人って終わってしまうと忘れてしまうんだけど、覚えておかなきゃならないこともあると思うんだよね。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

henshokuqueen 人のものには愛情じゃなくて敬意を表すものだろう? 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

KevinMac14YHM 彼氏がいるとかいないとか、ママであるとかそうではないとか(もちろんパパも)、それを本人以外が持ち込むべきではないと、IOCが言っている。なので、「問題だと思う」とした。言葉狩りではない。 https://t.co/yuTE08wROk 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

k5t1s2_3 |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 良いぞ砂鉄!! https://t.co/ueinDC8o6g 約1ヶ月前 replyretweetfavorite