わかる日本書紀

欽明天皇「5人の妃を紹介するぜ!」【第29代②】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第4巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第29代、欽明天皇の御代のお話。

大伴カナムラ大連(おおむらじ)の失脚

欽明元年九月五日、天皇は難波祝津宮(なにわのはふりつのみや)※1を訪れました。
大伴カナムラ大連、許勢(こせの)イナモチ(稲持)臣、物部オコシ大連たちが従いました。
天皇は諸臣に、
「いったいどれほどの軍勢があれば新羅を討てるだろう」
と尋ねました。物部オコシ大連たちは、
「少々の軍勢では、とても討つことができません。継体六年に、百済が任那(みまな)の上哆唎(おこしたり)、下哆唎(あるしたり)、娑陀(さだ)、牟婁(むろ)の四県※2の併合を求めたとき、大伴カナムラ大連が、百済に言われるまま安易に与えてしまったので、以来、新羅はずっと恨んでおります。
軽々しく討ってはなりません」
と進言しました。

そのオコシ大連の天皇への進言を知って、大伴カナムラ大連は住吉(すみのえ)の家にこもり、病気と称して出仕しませんでした。
天皇は、青海(あおみの)マガリコ(勾子)夫人※3をカナムラ大連の家に遣わして、ねんごろに慰問させました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jimotonohon cakes連載『わかる日本書紀』更新されています。 大伴カナムラ大連と天皇家の信頼関係がうかがえるエピソードと、欽明天皇の妃の紹介です。 https://t.co/kW3q7dgIHU 29日前 replyretweetfavorite