本当のことなんて、言えるわけない

戦友たちの遺髪や遺品をそれぞれの家族に届けた祖父。そんな時、家族から必ず聞かれたことがありました。しかし祖父は、本当のことが言えなかったそうです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hard_edge 苦しまず死せりと遺髪終戦日 ハードエッジ 2021.8.13 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

zaklab せやろな…せやけど本当はそれを伝えないと、いつまでたっても勘違いする阿呆が出てきてしまうのやろな…とも思う。 https://t.co/F4fpNrcSP8 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

haru35525859 タイトルの重みが伝わる。 こういうことが、二度と繰り返されないように。心から、そう願う。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

gyogyo1104 私の祖父も中国で胸を撃たれて、担架で運ばれながら自分の体から血が吹き出すのを見てたって言ってたけど、どんなに痛かったろうなって思う。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite