この絵はこうして日暮家にやってきた

戦死した仲間たちの実家を巡る祖父の旅、ようやく会うことができた川崎さんの家族。遺された家族の思いとは?

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

7SOdMKBZHFrK1se 先日亡くなった祖母もだけど、戦中を生きた人は強いなあと 約1年前 replyretweetfavorite

tsukasafjt この漫画はわたしの心の琴線を掻き鳴らして止みません。 約1年前 replyretweetfavorite

naritahoshino 亡くなった戦友の遺髪と遺品を日本各地のご家族に届けてまわったおじいちゃんは立派な方です✨ 約1年前 replyretweetfavorite

kiumtok ついこないだ学んだこと。 「(歴史の犠牲者となってしまった)過去の死者たち」への「約束」=「決して忘れない、二度と繰り返さない」 約1年前 replyretweetfavorite