​うんざりするようなアドバイス

良かれと思ってするアドバイスも、相手に望まれていなければただのおせっかい。では良いアドバイスと悪いアドバイスの境目はどこか。林伸次さんが考えます。

槍玉に上がりがちな「アドバイス」

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

bar bossaは、数年前に喫煙可能だったのを禁煙にしたんですね。これ、すごく悩んだんです。例えばあなたが愛煙家だったら。いつも通ってたバーが突然、禁煙になれば、もう行かないですよね。

もしあなたが嫌煙家だったら。最初から、まず喫煙可能のバーには行かないですよね。あるいは、近所に喫煙できるバーがあっていつも前を通り過ぎていても、ある日そのバーが禁煙に変わったからってまず気づかないです。

残された頼みの綱は、「煙草は吸わないけど、煙草の煙は気にならない人」でして、喫煙可能な頃はそういうお客様も少しはいたのですが、やはり割合としてそんなに多くないんです。煙草に関しては、好きか嫌いか分かれます。

どう考えても、突然禁煙バーにしたら、お客様は激減して売り上げは見込めません。

でも日々の営業中に、「あ、今、帰ったお客様、隣の人が煙草を吸い始めたから帰ったんだ」って感じるシーンも増えてきました。それで、「このままだと売り上げが少しずつ落ちていくだけなのかも」と、ある同業者の先輩に言ってみたんですね。

そしたら、その先輩から、「大丈夫。最初は売り上げは落ちるけど、いずれは定着するから。今は絶対に禁煙にした方が良い。もう世の中そういう流れだよ」ってアドバイスを受けて、踏み切れました。ほんと、あのアドバイスには助かりました。

今、「アドバイス」って槍玉に上がることが多いですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

DI5K455ETTE アドバイスは楽しみの機会損失かも、とも思う。アドバイスがない状態の方が自分なりに工夫をするから。/ うんざりするようなアドバイス|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

HwLBXImngExo3WX 求めてないひとはアドバイスが刺さらない。お互い損ですよね。 うんざりするようなアドバイス|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

haiirotom うんざりするようなアドバイス|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

bar_bossa 「絶対にこうした方がいいと思う。君のためを思って言ってるんだから」というアドバイス、どこからどこまでありなんでしょうか。​ うんざりするようなアドバイス|林伸次 @bar_bossa | 約2ヶ月前 replyretweetfavorite