つい後回しにしたくなる、時間も手間もかかる仕事があるときは

12,000人以上を「行動できる人」に変えた専門家、大平夫妻が、一流アスリートのルーティンを応用し、脳科学・心理学に基づいた、「仕事の現場で使えるルーティン」を50にまとめました。場面別で、どんな職場でも必ず使える「小さな習慣」で、いつでもどこでも、ダラダラ気分を抜け出し、「仕事モード」になれること、うけあいです! 『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣(サンクチュアリ出版)』より全文公開。

時間も手間もかかる仕事があるときは「2つの締め切り」を作る

これまでも見てきたように、企画書や報告書の作成、中長期にわたるプロジェクトなど、時間も手間もかかる仕事は、後回しにしがちです。そして、締め切り直前にようやく手をつけたら、明らかに時間不足だったということにもなりかねません。

それを避けるためには、仕事をしっかり「スケジュールに入れる」ためのルーティンを行ないます。

具体的には、「いつ手をつけるか」と、「いつまでに仕上げるか」の2つの締め切りを決めて、すぐにスケジュールに書き込むのです。

多くの人は、いついつまでに提出するとか報告するとかというデッドラインは設定します。けれど、いつ着手するのかというスタートラインを設定している人は少ないのではないでしょうか。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン
意志が弱くて自分を変えられない人へ。ダラダラ気分を簡単なルーティーンで解決!

この連載について

初回を読む
ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣

大平朝子 /大平信孝

人間は機械ではないので、「意志が弱い」「イヤな気持ちを引きずる」「後回しグセがある」のは当たり前です。でも、安心してください。この連載でご紹介していく「ルーティン」を実践すれば、そんな気分が一瞬で変わります。 12,000人以上を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

runnernobu 「難しくてめんどくさい案件ほど、打ち合わせや依頼のあと、すぐに着手するのが理想です」 4ヶ月前 replyretweetfavorite

shu_alter アッハイ…。資料を見る「だ… https://t.co/C9bPIhlNMo 4ヶ月前 replyretweetfavorite