どうせ仕事をするのなら、快適に始めたくない?

12,000人以上を「行動できる人」に変えた専門家、大平夫妻が、一流アスリートのルーティンを応用し、脳科学・心理学に基づいた、「仕事の現場で使えるルーティン」を50にまとめました。場面別で、どんな職場でも必ず使える「小さな習慣」で、いつでもどこでも、ダラダラ気分を抜け出し、「仕事モード」になれること、うけあいです! 『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣(サンクチュアリ出版)』より全文公開。

通勤時から「仕事モード」に入りたいときは「最高のアウトプット」をイメージする

「時間があれば、もう少しできるんだけど……」「この程度やっておけば苦情は来ないから、いいだろう」日々の仕事は、油断すると、惰性で流したり妥協しがちです。すると、「そもそも何のために仕事をしているのか」という意義も見失ってしまいます。仕事をやらされている感じや、やっつけ仕事感を引きずったまま、勤務時間をすごすと、同じ時間を仕事に費やしても、クオリティは下がるのに、疲れは増してしまいます。

そこで、オススメなのが、通勤途中でできる「最高のアウトプット」をイメージするルーティン。電車の中で、「今日の仕事のアウトプット」について、考え、イメージするクセをつけるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

意志が弱くて自分を変えられない人へ。ダラダラ気分を簡単なルーティーンで解決!

この連載について

初回を読む
ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣

大平朝子 /大平信孝

人間は機械ではないので、「意志が弱い」「イヤな気持ちを引きずる」「後回しグセがある」のは当たり前です。でも、安心してください。この連載でご紹介していく「ルーティン」を実践すれば、そんな気分が一瞬で変わります。 12,000人以上を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません