私たちの仕事は、「思い通りにならない」ことだらけ

12,000人以上を「行動できる人」に変えた専門家、大平夫妻が、一流アスリートのルーティンを応用し、脳科学・心理学に基づいた、「仕事の現場で使えるルーティン」を50にまとめました。場面別で、どんな職場でも必ず使える「小さな習慣」で、いつでもどこでも、ダラダラ気分を抜け出し、「仕事モード」になれること、うけあいです! 『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣(サンクチュアリ出版)』より全文公開。

「コントロールできないことにとらわれる」のをやめよう

第一回で、あなたがダラダラしてしまうのには理由があるとお伝えしました。

ダラダラしてしまったり、やる気が出なかったり、スムーズに仕事がはかどらないのは、あなたの意志が弱いからでも、能力がないからでもありません。ましてや、あなたがダメダメなわけでもありません。

少なくとも、この本を手に取ったあなたは、「自分を変えたい」と思っているはず。好き好んでダラダラしているわけではないでしょう。

私たちがやる気を失ったり、仕事が止まってしまったりする最大の原因は、自分がコントロールできないことに執着するから。じつは、「コントロールできないこと=自分では結果を左右できないこと」をやろうとするから、行動できないのです。

たとえば、明日が締め切りの仕事なのに、先方からの返事待ちや、同僚の報告書の提出待ち、上司の決裁待ちなどで、仕事が止まってしまうことがあります。相手からの返答や情報がないと、これ以上仕事を進められない。こういった場合、あなたなら、どうしますか?

たいていの場合、ちょっとしたことがきっかけで、「返事が来ないと、仕事が進まない。どうしようもない」とか、「もう期限がすぎているのに、回答をくれない。困ったな……」となって、仕事のやる気がなくなり、ダラダラしてしまいます。

本当は、相手に締め切りを確認する、催促する、他の仕事を先にすませるとか、いくらでも他にできることはあります。もしくは、もう本当に、間に合わなそうだったら、自分の仕事の締め切りを延期してもらったり、残業や徹夜を覚悟して準備したりすることもできます。

ですが、私たちは、「相手が返事をくれない」という1点にとらわれてしまいがちです。

すると、別にダラダラしたいわけではないけれど、ダラダラしてしまい、仕事が進まなくなるのです。

実際に、私たちの仕事は、「思い通りにならないこと」だらけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

意志が弱くて自分を変えられない人へ。ダラダラ気分を簡単なルーティーンで解決!

この連載について

初回を読む
ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣

大平朝子 /大平信孝

人間は機械ではないので、「意志が弱い」「イヤな気持ちを引きずる」「後回しグセがある」のは当たり前です。でも、安心してください。この連載でご紹介していく「ルーティン」を実践すれば、そんな気分が一瞬で変わります。 12,000人以上を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wanko50410422 #スマートニュース 29日前 replyretweetfavorite