松岡修造の熱意さえ効かない状態

この連載でも繰り返し問題点を指摘してきた東京オリンピックが、7月23日に開幕します。この状況で武田砂鉄さんが気にしているのが、松岡修造の存在。「東京2020オリンピック日本代表選手団公式応援団長」である松岡修造の微妙な変化について考えます。

「最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」

今週末から東京オリンピックが始まる。始まる、というよりも、始まってしまう、という形容が正確だろう。私たちの生活はオリンピックが終わっても続くが、たとえばIOCのバッハ会長など、あと数週間もすればこの日本を離れていく。そういう人たちがやりたいことを最優先にして、国が懸命に支えている。先日は、迎賓館でバッハ会長の歓迎会を開いた。ちょうど、東京をはじめとした日本各所が猛暑となった日だ。

2013年、東京招致を狙う組織委員会がIOCに提出していた「立候補ファイル」の一部を思い出そう。そこには、「この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である」とあった。どうだろう、少なくとも自分にとっては、「マンションの1階にあるポストに郵便物を取りにいくのさえ億劫な気候」「飛び乗った車両がたまたま『弱冷房車』だったので、自分の日頃の行いが悪いからだろうかと考え込んでしまった気候」だった。でも、泊まっているホテルを出て、すぐに車に乗って、迎賓館にたどり着く人たちにかぎっては、「最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」なのかもしれない。

ネガティブをポジティブに変換していく

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

発売即重版! 武田砂鉄さんの新刊、ぜひお読みください。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ActSludge ■⑤#五輪やめて命まもれ(https://t.co/i5Xq9RIMt3) 【武田砂鉄…/…さえ効かない状態】(https://t.co/Cf2BwZhZ7G)/《でも、泊まっているホテルを出て、すぐに車に乗って、迎賓館にたどり着… https://t.co/1iQhMSNbb6 約11時間前 replyretweetfavorite

ActSludge ■④(https://t.co/i5Xq9RIMt3) 【武田砂鉄… 約11時間前 replyretweetfavorite

ActSludge ■③(https://t.co/i5Xq9RIMt3) 【武田砂鉄…】(https://t.co/Cf2BwZhZ7G)/《「この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理… https://t.co/RZEYEI4zeI 約11時間前 replyretweetfavorite

ActSludge ■②中止すべき。コレで開催なんて、正気じゃない。#五輪やめて命まもれ 【武田砂鉄 ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 約11時間前 replyretweetfavorite