食欲を誘う最強の夏バテ対策「たことひよこ豆のサラダ」

今回馬田草織さんが紹介するレシピは、夏が旬のたこを使ったサラダ。ポルトガルではタコとひよこ豆を合わせるのが定番なんだそう。夏バテ防止にも、お酒のお供にもおすすめの一品です。ぜひお試しください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

夏が旬の愛すべき魚介類、それはたこ。茹でても焼いても揚げてもいけるうえに、ユーモラスなイメージもあり。だけど、たこって意外に機敏で獰猛なんです。

以前、たこの名産地・熊本県天草市でたこ壺漁を取材したときのこと。早朝の船上では、ベテランの漁師が4日前に海に仕掛けた150個のたこ壺(1個4キロだから600キロ!)を一つずつ引き上げていました。壺の中のたこを海水ごと船上にバシャンと放つと、たこはたちまち船の端っこを滑るように、しゅるるるっと脱走。その動きがまた素早くて、漁師でも追うのにひと苦労。さらに、釣ったたこを船内の生簀に入れておくと、けんかになって互いの足を食べたり、お腹が空くと自分の足をもかじってしまうというワイルドな一面もある。

知れば知るほど、とぼけたキャラクターが嘘のようです。だからというわけではありませんが、たこには栄養ドリンクに入っているタウリンも豊富。暑さで体力が落ちがちな夏に旬のたこを食べることは、理にかなっているように思います。

日本同様、たこはポルトガルでも愛されていて、地域によってはクリスマスイブのごちそうにもなるくらい。初対面のポルトガル人と話題に困ったら、とりあえずたこは好きかと聞けば、きっと場が盛り上がるでしょう(どこで会うの、という話ですが)。

で、今回ご紹介するのはポルトガルのたこサラダ。かの地では、ひよこ豆と合わせるのが定番です。

ほっくりした豆とたこのぷりっとした食感の組み合わせが、結構くせになります。ひよこ豆を茹でるのが面倒な人は、調理済みの市販の豆でも大丈夫。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー
「たことひよこ豆のサラダ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saoribada cakes 連載「ポルトガル食堂」更新しました。 「たことひよこ豆のサラダ」 https://t.co/4lL9DhEsUB ほっくりした豆とたこのぷりっとした食感の組み合わせがくせになる、 8日前 replyretweetfavorite