戦死者の遺族たちが知りたかったこと

戦死した友の家族を巡る祖父の旅は京都へ。バイオリンが得意だった平太の家族の思いとは?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chibicoo おじいさんの記憶力すごい。尊い。: 5日前 replyretweetfavorite

delilah_nya 戦場で一緒になった彼が、どんな人だったのかを聞くこと、語ることは残された人たちにとても大切。 6日前 replyretweetfavorite

kfthinwor33  おじいさんを衝き動かしていたものとは何? 命と命の出会いを経験されたのでしょうね。「嫌なことばっかりじゃなかったんですね」この言葉も心に残ります。 8日前 replyretweetfavorite

granat_san 音を鳴らすとヴァイオリンで再現できるのすごい。 8日前 replyretweetfavorite