感情を「話す」ことで、感情を「離す」「放す」。

家庭内で親が子供にどう接すればいいかを教えてくれるコーチングセミナーに参加した蘭ちゃん。そこで印象的だったのが、抱えている気持ちを人に話して、感情を「離す」「放す」というもの。感情から離れるってどんな感覚なんでしょうか?(毎週火曜日更新)

サクちゃんへ

こんにちは。

先日『すばらしき世界』という映画を観ました。役所広司が、出所したての元ヤクザを演じている映画なのですが、サクちゃんは観ましたか?
まあ本当に素晴らしい映画で、数日経った今でも思い出しては涙ぐんでいます。心の柔らかい部分にめりめりと杭を打たれたような気持ちです。

その主人公が、まさにいま私たちが話しているテーマ「感受性」の強い人でした。感受性というと、繊細でおとなしい人を想像しがちだけれど、そうとは限らないんですよね。感受性が強いからこそ、曲がったことや間違ったことに敏感になる。そういうことが許せなくて、つい首を突っ込んで大暴れしてしまう。ああだめだ、思い出したらまた泣けてきました……。あの映画こそ、わたしの「感受性」を刺激してきます。

「感受性は自分を知ること、知性は他人を思うこととつながっている」
前回の日記でサクちゃんが書いていたこと、まさにその通りだなと思いました。この言葉を読んでから『すばらしき世界』を観ると、またひとつ違う視点で観ることができ、さらに泣いてしまいそうです。

ー・-・-

あーちんがクラスのギスギスした雰囲気を、「今は、みんながトゲトゲを投げ合っていて、刺さると痛いから、刺さらないようにカチカチに硬くなっている人がたくさんいる」と表現した話、とても印象的でした。

「カチカチ同士は仲良くなれないし、それだといいことがないから、あーちんはポヨポヨのゼリーになろうと思う。トゲトゲは刺さらないけど跳ね返さずに受けられるし、カチカチだった子もポヨポヨなら怖くないから寄ってきてくれるから」

本当に、なんていいアイデアなんでしょう。この時のあーちんの素晴らしいところは、現状を自分なりに的確に捉え、次にどうしたらいいのかまで考えられたところですね。もし思いつかなかったとしても、現状を自分がどう感じているのか捉えられている時点で、人に相談することができる。「感じたことを表現できる人」は、自分だけではなく人にも共有できるから、傷ついても助けを呼べたり、手当ができるのかもしれません。

週末、長男が通う塾の紹介で、親向けのコーチングセミナーというのが無料で開催されていたので、参加してみました。内容は、家庭内で親が子供にどう接すればいいかを教えてくれるというものでした。
なんで参加したかと言うと、なんともお恥ずかしい話、わたしが相変わらず息子にめちゃくちゃ怒ってしまうのです。宿題がどうの、忘れ物がどうの、一日に何度も怒ってる。まさにあーちんの言う「トゲトゲ・カチカチ状態」。家の中が殺伐とした雰囲気になっていて、冷静になってからいつも猛省しています。

それでどうにかせねばと、コーチングセミナーを受けてみたわけです。その中で印象的だったのが、「子供の話を傾聴しよう」という項目での話でした。そのためには、相手が安心して話せる環境を親が作らねばなりません。

「抱えている問題を人に『話す』と、自分から問題を『離す』『放す』ことができる」
すると、子供は問題に対して客観的になることができ、解決へ向かうことができる、というのです。それを聞いて、なるほど、と思いました。

もやもやとかイライラとかネガティブな感情が起こると、つい「こんなことを感じてはいけない」と考えてしまいます。嫌な気持ちですからね。だけどサクちゃんの言う通り、「感じてはいけない感情なんてない」のです。わたしで言えば、長男に対してイラッとしたりガッカリするのも、感じてはいけないことではない。

それなのに「感じてはいけない!」と思うと、自分を嫌悪したり、そんな感情を抱かせた相手を責めたくなってしまう。それでわたしは、長男に必要以上に感情的になったり、猛烈な自己嫌悪に陥ったりしていたのだと思います。

そういう時は、「話す」ことなのだなぁと思いました。そして感情を、「離す」「放す」。そうすれば、感情を認めながらも一体化しないで済むから、冷静になれるかもしれない。知性を持って人や自分と接することができるかもしれない。

昨日セミナーを受けながら、そんなことを思いました。

ー・-・-

以前、ヨガの先生がこんなことを言っていたのを覚えています。
「自分の肉体や感情を、自分と一体化しないように」

それはどういうことだろう?と不思議でした。だって肉体や感情は、自分そのものだと思っていたから。でも、先生は「そうじゃないんですよ」と言っていました。

「例えば、あなたがロボットに乗っているとしましょう。そのロボットが、敵からの攻撃によって傷ついた時、自分は傷ついていないのに『痛い』と思ってパニックになってしまう。それが、『肉体や感情』と『自分自身』が一体化している状態です」

つまり外界に面している部分は、自分の一部ではあるが全部ではない。だからその一部に呑み込まれてはいけない、ということでした。
呑み込まれると冷静な判断ができなくなるし、パイロットとしての役目を果たすことができない。だからそういう時は、「もうちょっと離れて」と自分に教えてあげて、と言われました。

「すると、感情から離れることができる。『ああ、今自分はこういう状態なんだな』と俯瞰できる。それだけでいいんです」

感情を消すとか否定するとか、そういうことではない。感情から少し離れること。どこにどんな傷がついたのか、俯瞰して見ること。そうすれば自然と解決する。

それって、自分にとってもロボットにとっても優しいことなのかもしれないなと思いました。

ー・-・-

ヨガの先生の話は、今でも時々思い出します。「あー、さっきはロボットに乗ったままめっちゃ暴走してしまったな」とか、「傷ついているのはロボットなのに、パイロットも共倒れしてしまったな」とか。「もうちょっと離れて」と言うのを忘れてしまうんですね。言われたとしても、「離れるってどうやるの!」とパニックになってしまいそうです。

でもコーチングのセミナーを受けて、「話す」ことが「離す」「放す」ことにつながるのかもしれないとヒントをもらいました。「話す」は「書く」「描く」「作る」でも置き換えられるかもしれません。とにかく一度、体から外に出すこと。そうすれば落ち着いて、知性を獲得する余裕ができるかもしれない。

「蘭ちゃんは、今どんな感じで、どうなりたいか、形状が見えますか?」

サクちゃんはこんな質問をくれましたが、そうですね。わたしも、ポヨポヨになりたいかな。分厚いポヨポヨのパイロットルームの中で、リラックスして安心していたいです。「大丈夫、ここは安全だ」「ロボットが傷ついているのは悲しいことだし苛立つことだけど、わたしの核は無事だよ」と、落ち着いていたいです。

外界によって外殻は傷つけられるかもしれませんが、わたしの核を傷つけられるのは、多分わたししかいないのです。わたしがわたしを否定し始めたときに、その核は傷つき始めます。

だからわたしだけはわたしを否定しないでいたい。ポヨポヨの中にちゃんと守っていたい。
そんなふうになれたら、きっと他の人にも優しくできると思います。わたしがいま一番優しくしたい、長男にも。

とまあこんな感じで、わたしは自己嫌悪に陥ったり反省したりと忙しないのですが、サクちゃんは自己嫌悪に陥ることってありますか? 好奇心から聞いてみました。よかったら教えてくださいね。

蘭より

追伸:あじさいが枯れたので、花屋さんに行ったらひまわりが置いてありました。お花を飾るようになってから、季節の移り変わりが楽しくなってきましたよ。ユーカリはおまけでいただきました。いい匂いです。


この連載の書籍化を希望する出版社、大募集中!
書籍企画書をこちらに公開しています。
(お問い合わせは info@note.jpまで)



前の話へ / 連載TOPへ / 次の話へ

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

occhaho 「自分の肉体や感情を、自分と一体化しないように」 「感受性は自分を知ること、知性は他人を思うこととつながっている」 感情を取り戻そうとするあまり、一体化しすぎていたかもしれない。 https://t.co/tS0Q2Kxojg 2日前 replyretweetfavorite

moxcha この話を理解できる男性がどのくらいいるか気になる。 3日前 replyretweetfavorite

nyabirins いつも色々と気づかされる二人の素敵な交換日記。 蘭ちゃんの言語化が、今の私のとって必要な助けになりました。 ありがとう。 ずっと続けて欲しいこの企画。 https://t.co/pAadwoOZFo 4日前 replyretweetfavorite