家事をやめる

私が「炊事」から解放された意外な理由

掃除して洗濯して料理して皿洗って……生活に面倒な家事は付き物。のはずが、「ノー家事」生活を謳歌する人がいます。連載「買わない生活」が話題の稲垣えみ子さんです。あるきっかけから人生で初めて、面倒な家事を一切しなくとも清潔で快適、この上なく気持ちの良い暮らしを手に入れ、今や毎日が楽しくて仕方ないとか。圧倒的ローコスト、ローエネルギー、ローウェイストで幸福度が確実にアップする「ノー家事」生活の全貌とは。

我が家の基本定食。海苔好きなので私の中では間違いなく豪華版です。この心境に至れば炊事などいかほどのこともなし

前回、家事をやめるための原則として「便利をやめる」ことを提案させていただいた。

世の常識とは真逆の提案だと思う。真逆すぎて、家事云々以前に拒否反応を引き起こしかねない気もする。しかし、この程度でギョッとするのはまだ早いのだ。何しろ、世の多くの人を悩ませまくっている家事が人生から消えるなんてことは、これはもう間違いなくある種の「革命」でありまして、小手先のノウハウだの便利グッズなどで家事がラクになるのなら、この世から家事問題などとうの昔に消滅。問題はもっと根深いのであります。

つまりは、あなた自身が疑いもなくしがみついている常識の中にこそ問題は存在するのだ。革命とは価値観をひっくり返すこと。慣れ親しんだというだけで従来の価値観を無自覚に抱え込んでいては「ノー家事」の桃源郷に達することなどできるはずもない。なのでこんなところでビビっていてはいけない。いやナニそんなに心配することはありません。常識なんぞエイと飛び越えてしまえば拍子抜けするほどどうということはないものだ。もっと軽やかに自由に生きようではないか!

と勢いをつけたところで、今回はさらに大胆な提案をさせて頂く。

ノー家事生活に欠かせないこと、その2。  
それは「人生の可能性を広げない」ことだ。

「可能性」が人生を台無しにする?

……勢いはつけてみたものの、我ながら、さらに読者の方を一気に失いそうな提案である。何しろ、もし現代人の好きな言葉ランキングってものがあったとして、先に書いた「便利」が5位くらいだとすれば、個人の価値観がどれほど多様化しようとも、トップを争う勢いで間違いなく誰もが愛する言葉が「可能性」なんじゃないだろうか。

可能性とは、万人に開かれた夢だ。持てる者も持たざる者も、あれもやりたいこれもやりたいと夢見るのは自由である。いつかは望むものを手にできるかもしれないという可能性こそが、多くの人の思うに任せぬ人生を支えている……ということを承知で、あえて言わせていただく。

「可能性」は危険だ。その取り扱いには十分気をつけなければいけない。甘い香りに誘われるがままに飛びついていると、甘い夢を追いかけているはずが、いつの間にか自分の人生を丸ごと何者かに乗っ取られてしまって、人生のあまりにも多くの時間を終わりなき労苦(家事)に捧げ続けて生涯を終えるということになりかねない。

具体的に言おう。

これは、生まれてこのかた延々と可能性を追い求めてきた私の物語である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
家事をやめる

稲垣えみ子

我が人生から、家事が、消えた。50年近くずっと格闘してきた家事が、気づけば、消えていた。 それなのに、家の中は整っていて、気分は晴れやか。しかも圧倒的ローコスト、ローエネルギー、ローウェイストという夢のような事態。そんなノー家事生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koropanda1 この記事すごすぎる……!!! 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

10ricedar 次に人類が目指すは、“このような生活をしつつ、ITや職人などの技術を保ち、かわいいネイルをしたい人、揚げ物をするのが楽しい人(私)など様々な人が、誰も不幸にならずに文化の維持・発展をする”かも 約1ヶ月前 replyretweetfavorite