いつまで開催に反対してんのと言われるけれど

開幕が来週に迫ったオリンピック。当初から反対の姿勢を明らかにしてきた武田砂鉄さん。開幕を直前にして、今改めて「なぜオリンピックを開催するべきではないか?」を考えます。

「いつから賛成になったの」

さて、このタイトルやイラストやイントロ文を目にして、この人はまだ東京オリンピック開催に反対しているのか、もういいじゃないか、どうせ、もうやるんだからそれでいいじゃないかと、ちょっとグッタリする人もいるのかもしれない。いや、でも、どっちかっていうと、グッタリしているのはこっちのほうだ。「いつまで開催に反対してんの」と言われると、「いつから賛成になったの」と聞き返すようにしている。そう聞くと、おおよそ「いや、別に賛成ってわけじゃないけど……」と返ってくる。賛成ってわけではないけど、もうしょうがない、というのである。

「選手は悪くない!」を盾にする

少し前に、テレビで、油のこびりついた換気扇やお風呂の排水溝など、家のあちこちを掃除する業者の様子を見た。家にある掃除用具ではどうしても落とせないしつこい汚れを、専門の器具や液体を使ってテキパキと落としていく。とはいえ、新品と同じような状態には戻せない。「ここはちょっとどうしても(汚れが)残っちゃいますが……」と申し訳なさそうに言うと、お客さんは「いえいえ、そんな。ありがとうございます」と返していた。着実な仕事をした上で、できなかったことを伝える誠意を前に、「ダメダメ、もっとやってくれよ!」と言うお客さんはおそらくいない。

まだ完璧な状態ではないのにオリンピックをやるなんて、と言っているわけではない。不安要素や「それどころじゃない」と思わせる案件が毎日のように積み上がっているのに、「いや、でも、やります!」と言うから反対する。油まみれの換気扇を見て、汚れを落とそうともせず、むしろ別の油汚れを塗った上で、「でも、回るはず。壊れてはいない」と言いながら、その上、高額請求を吹っかけてくる。今回のオリンピックってそんな感じだ。言ってもいないのに、運営側は「選手は悪くない!」を盾にする。選手は悪くない。悪いのは、オリンピック開催を優先するあまり、新型コロナ対応が後手後手にまわり、選手を迎え入れる段階になっても、空港で来日選手の陽性が発覚したにもかかわらずその濃厚接触者を空港で止めず、バスで送り届けた合宿先で別の陽性者を出してしまうなど、自分たちで言い張る「バブル」を自ら積極的に壊すような人たちである。

「全人類の努力と英知によって難局を乗り越えていける」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

発売即重版! 武田砂鉄さんの新刊、ぜひお読みください。

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kozoohta_ #SmartNews https://t.co/V1YQh0WpUY 3日前 replyretweetfavorite

Whiskey2A 敵対するだけで、補い合おうとしない。そこに愛はない。そんな人がイマジンを歌ってる。 https://t.co/SNs5p3nbq3 4日前 replyretweetfavorite

vice20002 https://t.co/AhRyAkpbre 諦めたらそこで五輪開催。出来る筈ない閉会式www 5日前 replyretweetfavorite

Noddario829 #SmartNews 読んでみて。 https://t.co/wvMR4gr0UD 5日前 replyretweetfavorite