お墓とお寺のイロハ#5】「よいお墓」を建てるために押さえておきたい基本のキ

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2019年8月5日発売当時のものです。

「よいお墓」を建てるために押さえておきたい基本のキ

終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子

 超高齢社会の中で日本の年間死亡者数は年々増加し、団塊世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年には153万人、30年には161万人まで増加すると試算されている。いわゆる「多死社会」の到来である。

 人生の最期をどう締めくくるか、死後どうしたいかをめぐって、さまざまな課題が指摘されている。その1つが死後の遺骨の行方だ。

 高度経済成長期に都市部に移住してきた人たちが入るためのお墓が足りないといわれて久しい。2010年の横浜市墓地問題研究会報告書で、「26年までには約9万4000区画の墓地を新たに整備する必要がある」と公表されたことや、毎年都立霊園の公募には募集数に対して数倍もの応募者があることからも、墓地は不足しているという印象を持つ人は多い。

墓地は不足していない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません