予備校の使い分け

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第7章 大学受験対策

【受験準備】 受験予備校は複数使いこなし、それぞれの特性を最大限利用する

私は女子大卒で、家族や親戚に東大を出た人もいません。大学受験の勉強内容もわからず、受験情報にもまったく詳しくない親の私が頼りなかったせいもあるのでしょう。長男も次男も、自分から予備校通いを希望してきました。
必須科目と苦手科目で高得点をとるために、予備校に通塾するか東進ハイスクールの動画授業を受けたいと相談されたのです。東進ハイスクールは、校舎にある自習室だけでなく、自宅でもパソコンがあれば動画授業を受けられるため、移動時間の節約になります。そこで、我が家の予算で可能な選択肢をいくつか与えて、取捨選択させました。

その結果、長男は高1の夏から神奈川県の武蔵小杉にある一会塾で英語と数学を、高校2年1月から東進ハイスクールで化学を受講して、高3の春に東進東大特進コースの国語、夏に英語と化学をプラスしていました。物理については自力で勉強しておりました。
一会塾は医学部・難関大受験専門で、対面授業なので質問がしやすく自習室もあるのと、優秀な先生が多い塾です。大手塾並みの授業料でしたが、塾長が費用の相談に乗ってくださったのも助かりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません