わかる日本書紀

出来の悪い外交官がもたらした失態で領土を失う【第26代⑨】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第3巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第26代、継体天皇の御代のお話。

ケナノオミを韓国(からくに)に派遣②

★前回のお話→「使者として派遣先に行くと下っ端が来るなとキレられた【第26代⑧】

クチフレとミドリは、心に畏怖の念を抱いて、おのおの帰国して、王に召集に応じるように伝えました。
そこで、新羅は改めて、上臣(まかりだろ)・イシブレチ(伊叱夫礼智)※1干岐(かんき)を派遣し、兵三千人※2を率いてやって来ました。そして、勅命を聞きたいと願いました。
ケナノオミは、遥かに、武装した数千人の兵団が包囲しているのを見て、熊川から任那の己叱己利城(こしこりのさし)※3に入りました。

イシブレチは、多多羅原(たたらのはら)※4に陣を構えて、帰らず待機すること三か月、しきりに勅命を聞きたいと請願※5しましたが、ケナノオミは、どうしても伝えませんでした。
イシブレチが率いる兵士たちは、村落で食料を乞おうとして、ケナノオミの従者・河内馬飼首(こうちのうまかいのおびと)ミカリ(御狩)※6の家に立ち寄りました。
ミカリは他の家の門に入って隠れ、兵士が通り過ぎるのを待って、拳骨(げんこつ)を作って遠くから殴るまねをしました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shignakk #スマートニュース 「たたら製鉄」は多多羅原からもたらされたのかな? 10ヶ月前 replyretweetfavorite