資産運用マニュアル#1】最適なお金との付き合い方

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2020年3月2日発売当時のものです。

 収入はあるのに、なかなかお金が貯まらない ──。働き盛りのビジネスパーソンには、預金通帳を見てそう嘆いた経験がある人も多いのではないだろうか。

 ファイナンシャルプランナー(FP)の前田菜緒氏の元には、子育て世代などからお金の相談が寄せられる。「年齢にかかわらず、多いのは老後の資産形成の相談。30~40代なら、教育費など目先にかかる費用の相談も多い」という。

 金融庁の報告書で話題になった「老後2000万円不足問題」は記憶に新しい。内閣府の調査によると、30代以降は過半の人が老後の生活設計を意識しており、自身が考える老後の必要額と現状の資産との〝ギャップ〟が、年を重ねても埋まりにくい現状がある。そのため、老後の不安は20~50代で「お金」がトップとの調査結果もある。

定年後は支出が7割に

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

10ricedar 老後不安項目ランキング、20代の2位が「認知症」なの、笑っちゃいけないけどウケる 時代かな 2ヶ月前 replyretweetfavorite