君の英語は三流です」と叱られて—「学ぶ」ってどういうこと!?

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装が趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた……。今回は、仙田さんが自身の経験を振り返りながら、学ぶとは、勉強するとはどういうことなのかについて考えます。

学ぶとはどういうこと?

photo by acworks on photo AC

2年前に小学校にあがってから、長女はよく本を読むようになった。
それまでは寝る前に私が絵本の読み聞かせをしていたのだが、文字がたくさんある本や、文字だけの本も自分で選んでどんどん読んでいる。

学校で「読書ノート」というものをつけさせられるらしく、その影響もあるのかもしれない。
1ヶ月に何冊読もう、というような目標が書いてあり、読んだ日付や本のタイトルと著者名、簡単な感想を書く欄が並んでいる。
本の冊数を目標にすることに私は異議を見いだせないのだが、読書の習慣がつくことは何よりもいいことだと思う。

長女は『ざんねんないきもの事典』や図鑑などが好きで、しょっちゅう読んで豆知識を得ている。
そして「フラミンゴの体がピンク色なのはなぜ?」、「ナマケモノが木の上で暮らすようになった理由は?」などとクイズをだしては、答えられないでいる私に豆知識を披露してくれる。
保育園の頃にはことあるごとに「なんで?」と質問をしてくる時期があったのだが、いまはインプットした知識をアウトプットすることが楽しいようだ。

このことは、長女の知的好奇心が強くなった証だと思われる。
アウトプットすることで、知識はより深く身につく。
そのことの楽しさに気づいたのだろう。
学ぶことの喜びを知ったともいえる。

ところで、学ぶとはどういうことだろう。
知らないことを知ることなのか、それを何かに活かすことなのか、それとも、そうしたことを通して自身が変化することをさすのだろうか。
私自身がこれまで何をどのように学んできたのかを振り返りながら考えてみたい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女装パパが「ママ」をしながら、家族と愛と性について考えてみた。

仙田学

突然の離婚により、娘ふたりを育てることになった女装趣味の小説家。「シングルファーザー」になってみると、彼にはこれまで想像もしなかったことが待ち受けていた。仕事と家事・育児に追われる日々、保育園や学校・ママ友との付き合い、尽きることのな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KanSAKAMOTO 人によって「学ぶ」経路、「学ぶ」可能性が様々であることを知らされる 4ヶ月前 replyretweetfavorite

sendamanabu cakesの連載。今回は、子育てをするなかで考えるようになった「学ぶとはどういうことか?」について、実体験を振り返りながら考えました。 https://t.co/q68DtMhhmW 4ヶ月前 replyretweetfavorite