ムカつく。でも、なるほど……」の意見をフォローする

あえてレールから外れよ。3歳児の気持ちで、のめり込め。常識とか世間体なんか、「ぜんぶ無視だ」。堀江流「生き方改革」として、「自分の人生を取り戻す」ための、行動スキルを指南します。今回から、「学び方」について。「他人の言うことには従わない」。その第5弾です。「耳あたりのいい情報だけを読んでいたら、思考は成長しない」。3月11日発売の近刊『非常識に生きる』より特別公開します。

ノイズの収集を習慣にせよ

情報が大事だと、繰り返し説いてきた。その際、注意してほしい。自分の意見に近い、「完全な同意」の情報ばかりに、囲まれないことだ

自分の感性に親和する意見ばかりを集めていれば、気持ちいいだろう。「世間には同じ意見の人がいる!」と確認して、安心感も得られる。だが、採り入れる情報全部を、ストレスフリーな意見で占めてしまうのは筋がよくない。

あなたが生きている世界は、果てしなく多様だ。
正しい意見の周りには、まったく異なった視点の、同じように正しい意見が無数に存在する。多様な全体を見ながら、拒絶したい情報にも触れ、自分の立ち位置を知るべきだ。そうすることで批評性や論理性が養われる。怪しげなスピリチュアル医療や、陰謀論に騙されない眼力も磨かれるだろう。

生理的に嫌な情報を無理して入れることはない。けれど考察が行き届き、学びを得られそうな知見は、情報収集の訓練としてフォローしておくことを勧めたい。
メンタルマネジメントの常識は「嫌なものは見ない」ことだが、耳触りのいい情報だけ読んでいたら、思考は成長しないのだ。
苦みを感じる情報を、修業のつもりで噛み砕いていこう

僕はスマホを見るとき、賛同しない意見にも、すすんで触れるようにしている。仕事での対談相手も、少しぐらい意見が対立しても、新しい視野を得られそうな人を選んでいる。自分の視野を広げるためには必要な作業だ。

僕は、好きなことばかりやっているけれど、情報はその限りではない。嫌いな情報もあえて採り入れ、世の中の全体像を、常に把握しておきたいのだ。

Twitterでは、正反対の意見の人をフォローしている。山本太郎や鳩山由紀夫など著名人の呟きも読んでいる。ほぼ同意できない、腹の立つ意見ばかりだが、ごく稀に芯を突いた言葉が出てくる。ムカつくけど、なるほどなぁ……と、素直に思えたりする。そうして自分の無意識の、偏ったバイアスが修正されることもあるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「みんな一緒」の正義を疑え! レールから外れる41の行動スキルを伝授!

非常識に生きる

堀江 貴文
小学館集英社プロダクション
2021-03-11

この連載について

初回を読む
非常識に生きる

堀江貴文

あまたの事業を成功させてきた男、堀江貴文。実現できたのは、莫大な資金や、特殊な才能があったからではない。 ただ、好きなことに「没頭」してきたからだ! あえてレールから外れよ。 3歳児の気持ちで、のめり込め。 常識とか世間体なんか、ぜん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

inai104104 #スマートニュース 21日前 replyretweetfavorite

10ricedar オレは凡人だ ガンバロ 26日前 replyretweetfavorite