たらのイメージを覆す!「干しだらとじゃがいも、ゆで卵のホットサラダ」

前回に引き続き、たらを使ったポルトガル料理をご紹介します。「干しだらとじゃがいも、ゆで卵のホットサラダ」は、生たらや甘塩たらで作っても美味しい一品です。ポテトサラダの代わりにもいいかもしれませんね。

cakes読者のみなさま、こんにちは。

今月はポルトガル料理の基本食材、バカリャウ(干しだら)を使った料理をご紹介しています。ちなみに、バカリャウとはこれのこと。

ポルトガルだけでなく、スペインやイタリア、フランスなどカトリック圏や北欧、アフリカ、南米など世界各地で食べられている保存食で、たらを塩漬けしてかちかちになるまで干したもの。どんな歴史があるのか、どこで買えるのかなどのちょっとマニアックなお話はnoteに。こちらではレシピをご紹介します。

今回は、干しだらとじゃがいも、ゆで卵で作るホットサラダです。または炒めものとも言えるんだけど、これはぜひ“ホットサラダ”と言わせて欲しい。ほら、名前の印象って大事だし。

ヨーロッパでは、干しだらとじゃがいもの組み合わせは鉄板。これはその2つが主役の、ポルトガルおかずの代表選手。干しだらの干物系うまみがどこか和食っぽくもあり、初めて口にしても妙に親近感が湧く料理です。それでもやっぱりヨーロッパ的特徴があり、それが刻んだにんにくや黒オリーブ、イタリアンパセリのアクセント。冷えた白がすいすい進みます。レシピでは干しだらを使いつつ、生たらや甘塩たらでも作れるようにしているのでご安心を。たらといえば鍋のイメージが、これで少し変わるかも。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー
「干しだら(バカリャウ)とじゃがいも、ゆで卵のホットサラダ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません