演ずるひと】長江崚行 ろくに趣味もない。俳優として、走れるうちは走り続けたいから。

ことし6月「天才てれびくん the STAGE ~バック・トゥ・ザ・ジャングル」、8月に「虹色とうがらし」、10月は「スケートリーディングスターズ」……。主演を務める作品が目白押しで、俳優として充実のときを送っているのが長江崚行さん。ノリにノっているのかと思いきや、内面はひとりのただの男性として日々大いに揺れているようです。「演ずるひと」であり続けようと心に決めた俳優の頭を渦巻く、悩みと喜びとはどんなものなのでしょうか。

「実力派」とは、まさに彼のことだ。

長江崚行。コメディーからシリアスまでをみごとに演じ分ける俳優、との世評を若くして確固たるものとする。

芸能活動を始めたのは2007年で、9歳のときのこと。2009年から4年間、NHK「天才てれびくんMAX / 大! 天才てれびくん」にレギュラー出演し広く顔を知られた。
17歳でミュージカル「ヘタリア」に主演。その後も舞台「Messiah メサイア 」シリーズや「文豪ストレイドッグス」シリーズ、朗読劇にボイスドラマなど、息つく暇もなく出演が続く。

聞けば年間300日以上は舞台に上がっているか、稽古場に詰めているかの生活だという。

「これまでコンスタントに役をいただけていてありがたいかぎり。お芝居や歌に集中できる環境にいることに感謝しないと、です」

そう、長江さんはかつてダンス&ボーカルグループに所属し、現在も作詞作曲を手がけるなどミュージシャンとしての活動も続けているのだ。
よくまあこんなハイペースで表現活動を続けられるものと感心してしまう。「二十代前半のいまは走り抜ける時期」などと決めていたりするのか。

「たしかに走れるうちは走り続けようと考えてはいます。ただそれ以前に、僕は休みがないくらいのほうが助かる。何もしない時間には耐えられないタチで。いまはこの舞台、今度はあの作品で……と予定が詰まっていて、『次のお休み、いったいいつなんだろ?』というくらいでようやく落ち着くというか。コロナ禍でお仕事が延期になったりして、数週間家にいなくちゃいけないときがありましたが、それはそれはつらかった。何も手につかなくなっちゃうんです」

出演作はかなり先まで予定があるので、準備も早めに始めるほうだ。

「いまの時点からみて『次の次』にあたる作品が時代劇で、衣装で足袋を履くことになる可能性が高い。だったらもう足袋を履いて歩く練習しておこう、となる。いやそれくらいしないと不安で落ち着かなくて。仕事のうえでのライバルたちだってきっと前に進んでいるはずだから、負けないようにできることは何でもしておきたい。
そんなだから、ろくに趣味もないんですよね。そりゃゲームをやったりもしますけど、気づけばつい『あ、このゲームは現場に持っていって合間にやったら、仲間とコミュニケーションが深まりそうでいいかも』なんて考えたりしてしまう」

そうまでして打ち込む俳優という仕事の楽しさとは、どのあたりにあるのだろう?

「どうでしょう……。好きな瞬間といえば、公演を終えたあとのカーテンコールがやっぱりたまらないですね。そこで拍手をもらえると、ああ報われたという気分になる。稽古の時間は楽しいばかりではないですから。基本的に『できないことをできるようにする作業』なので、もがいたり苦しんだりすることもたくさんある。そうした苦労の甲斐があったと思えるのは、お客さんの反応に触れたときしかあり得ないです」

違うことをやっている自分を、想像してしまったりもする

若き背中に漂う、「演じる人」としてのプロフェッショナリズム。この強い自覚はいつから芽生えたのだろう。

「人前に出てお金を得た時点で、その人はもうプロのエンターテインナーですよね。まだ子どもだとか経験が浅いとかは関係なく。だから初めて舞台に立ったときから、甘えちゃいけないという気持ちはどこかにありました。小学生のころから『天才てれびくんMAX / 大! 天才てれびくん』に出演したりして露出が多かったので、自然とそのあたりの自覚ができていった感じです」

以来「演じる仕事」を続けていまに至るというわけだ。これまでに俳優とは違う道に進みたくなったりしたことはなかったのか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
美をさがすのが人生で唯一の目的である

山内宏泰

美術、写真、文学、建築などのテーマについて作家活動を続けるアートコンシェルジュの山内宏泰さん。テーマの根幹にあるのは、「美しさ」でした。美しさとは果たしていかなるものなのでしょうか。毎回、各界でこれぞという人に話を訊きながら、「美しさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mizuhito1234 ふと思い出して調べてみたら…すごいなぁ…。 26日前 replyretweetfavorite

blanket_area cakesの記事のインタビューだけど。長江くんはキャスト欄に名前があると楽しみ!てなる俳優さん。 27日前 replyretweetfavorite

maxim_r2x りょーきくん流… https://t.co/zRjcqzU1Qx 27日前 replyretweetfavorite