喋る猫を飼っていることで起こる弊害についてと、連載終了のお知らせ

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の生瀬陽子さん(モデル名は堀本陽子さん)。これまで彼女の日常を切り取ったエッセイを約2年にわたり掲載してきましたが、今回、いったん連載を終了させていただくことになりました。
これまで記事を読んでくださった皆様ありがとうございました。また登場することがあるかもしれませんが、そのときは改めてよろしくお願いいたします。

このエッセイにも何度も登場しておりますが、うちは去年の自粛期間から猫を飼い始め、今は1歳と1歳半の猫がおります。

名前はサリー(姉・1歳半)とアントン(弟・1歳)です。

猫については「やっぱり猫が好き・・・コロナ禍の自粛生活の中で」や「繊細で心配な長女とアホで可愛い次男・・・猫の場合」という題名のエッセイの中でも書かせていただきましたが、今回はその後の猫達の成長の様子です。

相変わらずサリーは「箱入り娘」「おしとやか」「ビビリ」キャラのまま、アントンは「人懐っこい」「鈍臭い」「よく食べる」キャラのままです。

「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、これは今中学生の息子にも思い当たるところがたくさんありますが、猫たちにも当てはまるようで・・・うちにやってきた(連れて帰った)日から、性格はそのまんまです。(猫にとっての3歳は生まれて数ヶ月です)

が、アントンの「犬っぽさ」「人っぽさ」が増してきました。

最近は2匹は仲良くなってよく行動を共にしているのですが、アントンが一人(1匹)で喋っている感じ。

「にゃー」を始め、「にゃにゃにゃ!」「なー」「ん?」まで・・・バリエーションも豊かになってきました。

インスタを見てくださっている方はご存知かと思いますが、ヨガにも普通に参加してきます。レッスン準備中・・・手前がアントン、後ろに小さくサリー・・・

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたし役者の妻で、モデルで、母です

生瀬陽子

俳優の妻として、またモデルやヨガセラピストとしても活躍中の生瀬陽子さん(モデル名は堀本陽子さん)。最近では、ヨガウェアをプロデュースしてTVで販売するなど、サバサバしていておおらかな性格が話題に。そんな飾らず自然体の陽子さんの日常や、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jwavermiki 連載終わっちゃってさみしい😢 約1ヶ月前 replyretweetfavorite