夏場の腕時計、レザーベルトとメタルバンドのケア方法【永久保存版】

今回は夏場に悩ましくなる腕時計のケア問題です。せっかくいい腕時計を買っても、バンドが汚れていたら台無しです。だれでもできる簡単ケア、教えてMBさん!

「MBのおしゃれ人生相談」では質問を募集しております。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。Q&Aは毎週更新されるMBさんのnote内でも人気のコーナー、そちらもあわせてぜひ購読してください。

ペンネーム:おーけい

MBさんこんにちは!
いつも役に立つ情報をありがとうございます!

私事なのですが、この春勤続10年になる記念にずっと品定めしていたスプリングドライブのグランドセイコーを購入しました。

職場はスーツで時計もほぼ毎日着用してるのですが、暑くなるこれからの時期、手首の汗等での汚れが気になっています。日頃からできる手入れなどはあるのでしょうか?ちなみにバンドはメタルです。

コロナから回復されたとはいえご無理はなさらず、お体大切になさってくださいね!

ありがとうございます。まずは勤続10年おめでとうございます。節目に記念となるものを買って自分にご褒美、良いですね。

さて、夏場は時計の「蒸れ」が気になる季節です。日本の気候は高温多湿、半袖に短パンを合わせても、どうしても汗だくになってしまいます。半袖短パンなら機能素材や通気性の良いオーバーサイズで暑さを凌げるでしょうが、時計はメタルバンドであれレザーベルトであれ肌に密着して付けるもの。どうしても蒸れて汗が溜まってしまいますね。

安物時計ならまだしも、高級時計を買ったらコレがとても気になります。大切な時計が傷むんじゃないか……?と心配になるのも理解できます。

そこで時計のベルトのケアについて今日はお教えしましょう。メタルバンド・レザーベルトどちらの対応策も書いておきます。

メタルバンドのケア方法

※参考画像「メタルバンド」

メタルバンドのケアで一番簡単なのは超音波洗浄です。メガネ屋さんによくある超音波洗浄機は、手が届かない細かな部分、例えばバンドの溝の部分などまでしっかり汚れを落としてくれます。超音波洗浄機は、安いものであれば3000円くらいで手に入ります。メタルバンドの場合は時折これをするだけで十分です。

後述しますがレザーと異なり、汗の汚れが金属であるメタルに染み込むことはありません。頻繁にケアする必要はなく、月に1度もやれば超優秀です。私は「気になったらする」くらいで、夏でも数ヶ月に1度くらいの頻度かな。

もちろんあまりに長い期間放置すれば腐食につながる可能性もあるでしょうが、基本的にはメタルの汚れはそこまで気にすることはありません。たまにこうして蓄積した汚れをとるくらいで十分です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
MBのおしゃれ人生相談

MB

ファッションバイヤー・MBさんの大人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」の出張版、MBさんによる人生相談連載がcakesでスタートします! ファッションに関するお悩みはもちろん、恋愛や仕事や人間関係の悩み、MBさんに聞いてみたいこ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません