不味い」とか「つまらない」って書いたことがある人へ

インターネットによって、だれでも自由にコメントができる便利な時代になりましたが、飲食店やクリエイターにとっては難しい問題もはらんでいるようです。これ以上「薄い」コメントが増えないために、林伸次さんがおすすめしたいこととは……?

ちらほら見かけるようになった、的はずれなネットレビュー

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、あるパン屋さんへのネットレビューで、「バゲットが、外はバリバリで中がモッチリで気泡だらけ。食べて損した ★2」みたいな感じで酷評しているのを見かけました。もちろんわかっている方はいると思いますが、美味しいバゲットは、外の皮が固くて中がモッチリ、気泡も多ければ多いほど良いという人も多いです。

あるいは、ある天ぷら屋さんで天丼を食べた人のネットレビューで、「天ぷらがさくさくではなかった」というのも見ました。これもご存じの方は多いでしょうが、老舗の天ぷら屋さんの天丼は、出す前に蓋をして天ぷらをしっとり蒸らすんです。あえて蒸らしているので、天ぷらはさくさくしていません。

こういう「知らないがゆえのコメント」ってたまに見かけます。まあでも、これも一つの言論の自由なので、嘘や誹謗中傷にならなければ、お店の味をどう評論しようと止めることはできません。だからこそ、僕らもその文章に対して、「こいつわかってないなあ」って言い返すのも自由なはずです。

僕は、評論家ってすごく重要な存在だと思うんですね。例えばワイン評論家という肩書の人がいます。もちろん「ワインなんて好きに飲めば良いんだよ」っていう考え方もありですが、一方でワインのような嗜好品って、高級なワインやカジュアルなワイン、世界中のいろんな作り方のワインを飲めば飲むほど、「なぜこのワインが世間で美味しいと評価されるのか」とか、「なぜ、世界のワインの流行はこちらに向かっているのか」とかっていうことがわかってくるんです。

一般の人はそんなにたくさん飲むことができないからこそ、評論家がたくさん体験して、それを言語化して消費者に伝えることができるんです。歌人の穂村弘さんが、書評家の豊崎由美さんについて、「ある作家の作品を、もし悪く評価するときは、その作家の全作品を読んでからにする」と言っていたと書いていました。その姿勢、素晴らしいですよね。

一方で、ネットで「この店の料理不味い」とか「この作品つまらない」ってコメントしている人たちに対して、「素材も調理もこんなにこだわってるお店、ほとんどないと思うけどなあ」とか、「物語の展開も人物の描写も、この作家さんよりできる人いるかなあ」みたいなことを、どうしても感じてしまうことが多いです。

「薄い」コメントよりも「濃い」ことを書くためには

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

UTAN77755140 作り手と使い手の間の伝え手によって美味しさってほんと変わる。 10日前 replyretweetfavorite

mahisan8181 全員が作り手になると、作り手の気持ちがわかって謙虚になるってことか。確かに。 --- 10日前 replyretweetfavorite

Mint_Comet いくつかの老舗天丼屋の天ぷらがサクサクじゃなくて不思議だったけど、そういうものだったのかー。知らなかった。レビューは書いたことはない。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

BloomingDays854 https://t.co/KiZMLoQFX0 約1ヶ月前 replyretweetfavorite