これからのSNSの使い方

今回の「ワイングラスのむこう側」は、SNSの使い方についてのお話。実はTwitterがあまり得意ではないという林伸次さんの活用法、ぜひ参考にしてみてください。

有名なTwitterユーザーはこう使っている

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、「ライターとして成功したいのだけど、SNSはどう活用したらいいですか」という質問をもらいました。なので今回は、仕事に活かすためのSNSについて考えてみます。

まず最初に、Twitterとそれ以外で考え方を分けたほうがいいと思います。仕事として使うのなら、Twitterフォロワー数って多いに越したことはないですよね。「こんな記事を書きました」と告知した場合、クリックされる数が明らかに違うし、シェアされる確率も高くなりそうです。

「Twitterのフォロワーを増やす方法」って、ネットでたくさん見かけますが、その中で「できるだけ140文字埋め尽くせ」という説があります。いつも思うのは、燃え殻さんやたらればさんやカツセマサヒコさんを目指さない方が良いです。彼らは140文字の天才です。普通の人が、「ああいう風にツイートして、有名になろう」と考えても、絶対に同じことはできません。

あるいは佐々木俊尚さん、みんなが「佐々木さんはこの件ではどういうリアクションをするのかな?」って待っているから、フォロワー数もどんどん伸びます。でも、そういう立ち位置を確立するのもすごく難しいです。

そういう立ち位置って、人によっては顔出しもするし、私生活をある程度までは公開することもあるし、みんなにすごく愛されるための努力をしている人もいるし、とにかく大変なんです。

もしだれかを参考にしたいんだったら、僕は有賀薫さんをオススメします。今はもうスープ作家として有名になった有賀さんですが、昔から「自分のスープのレシピを公開して、みんなの食卓のためになる情報を提供する」ということを続けています。

有賀さんはそれだけじゃなく、料理業界や知人友人の料理関連で面白いことがあると、それも一緒に紹介してくれます。例えば、有賀さんって、オリンピックのことや天気のことはあまりツイートしません。有賀さんは、毎日、「料理に興味ある人」に向けて投稿してくれるんです。ブレないんです。

もしこれからTwitterをやるんだったら、専門とする分野を作ったほうがフォロワーを増やすには早いです。たえば「K-POPだけ」とか「スイーツ関連だけ」って決めて、それに関する有益な記事はどんどん紹介していく、というスタイルが、一番フォローされやすいし、自分が記事を書いたときも読まれやすくなるしシェアされやすくなります。

例えば、カフェについてツイートする方が、突然オリンピックのことをツイートすると、場合によってはフォローを外されます。カフェの情報を知りたくてフォローしているので、それ以外のことが目に入ると「違うかな」と思わせてしまうのかもしれません。

Twitter以外はどう使ったらいいのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takikeisuke 林さん、すごく冷静だし、抽象的な言い方かもしれないけれど「編集者目線」でSNS(Twitter)やそのユーザーを見ているなと思った。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ryosuke_endo 林さん @bar_bossa のステキ記事だぜ on cakes_PR 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Kloutter “有名なTwitterユーザーはこう使っている…” – https://t.co/n5FzpIlyhO 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

josephhvision 近所の奥様達の見られても恥ずかしくないツイートを心がけましょう(棒 約1ヶ月前 replyretweetfavorite