祖父から聞いた戦争の現実

兵隊として満州に送られた祖父、そしてとうとう戦闘が始まってしまいます。祖父が話してくれた、戦争の現実とは……?
noteクリエイターファイルに「新ひぐらし日記」著者・日暮えむさんと、背景を書かれているDontaさんのインタビューが掲載されています。そちらもあわせてお読みください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新ひぐらし日記

日暮えむ

日本最大の流域面積を持つ利根川。繰り返し氾濫を起こし、坂東太郎(関東で一番大きい者の意)の名で知られたこの川の下流域で、昭和平成令和時代を過ごしてきた日暮えむさん。四十年以上に渡って詳細に付けれた自身の日記を元に、失われたその時代をマ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyu_22 おじいちゃんに戦争の話を聞いてもはぐらかされてしまって、結局ちゃんと聞けずじまいだったのが心残り。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

letmegohome0208 悲惨さしかない。 トップの奴らはこんな目に遭わない。 |日暮えむ|新ひぐらし日記 https://t.co/nj3S8UWONh 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

wiwaxia_m 自分の祖父は両方戦死していて生まれた時既にいなかったので戦争の話は聞けなかったな 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

ys8823 毎回静かに読んでいる。前回今回と辛い内容ですが、これが現実だったわけで…。祖父が当時の写真を見ながら、ここに写ってるのはみんな死んだ、と言ったのを思い出す。みんな若い人だった 約1ヶ月前 replyretweetfavorite