勉強のスタイル

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変ななか、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。この連載では、『シングルマザーで息子2人を東大理Ⅰに 頭がよくなる「ルーティン」子育て』から、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、どのように考え、行動し、生活や受験勉強のサポートを行ってきたのかを紹介していきます。

第7章 大学受験対策

【勉強のしつけ】 勉強のスタイルは自主性に任せる。たとえ姿勢が悪くてもいい

中学受験のときから、子どもの勉強に私が直接関わることはほとんどありませんでした。レベルの高さについていけなかったのももちろんありますが、それより意識していたのは、仮に、小学校までは親が手伝って本人の努力以上の結果が出たとしても、中学・高校では否応なく自分の学力に自分で向き合わなければいけなくなるからです。

また、離婚したことで必要以上に無理なことはせず、安らかにささやかな幸せを維持できればいいという気持ちが強くなったことも、勉強を本人任せにしたひとつの理由でした。
たとえ、親が何も言わなかったことで成績が悪くなったとしても、どうすればそこから自分の学力が向上できるかを考えて努力すれば、それも立派な成長です。
親が「ああしなさい、こうしなさい」と指示して言う通りにさせると、結局、レールを敷いてしまうことになります。それは子どもにとってはありがた迷惑でしかありませんから、特に中学に上がってからは子どもたち自身で考えてもらうようにしたのです。

ただひとつだけ、息子たちのノートの使い方がとても汚かったので、目に余って「もっとキレイに書きなさい」と何度か注意したことがありました。そのことを、保護者面談のときに担任の先生に相談したのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
シングルマザーで息子2人を東大理Iに 頭がよくなる「ルーティン」子育て

たかせみほ

たかせみほさんは41歳の時に離婚。シングルマザーが小さなお子さん2人を育てるのは非常に大変な中、小学6年生と4年生の息子は順調に成長、共に東京大学理科Ⅰ類に現役合格を果たしました。本書では、たかせさんが、母親、シングルマザーとして、ど...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mihomama_story 【#cakes 連載第49回目 ‼︎】 ✒️ 第49回目は、『』です。 ~第7章 大学受験対策~ 是非ご覧ください😊 https://t.co/TbhSz6xKKr #たかせみほ #大学受験 #姿勢 #自主性… https://t.co/BPFFxt4K9s 3ヶ月前 replyretweetfavorite