親にしてほしいこと」リストを抱えて親になった

今回は蘭ちゃんの日記。サクちゃんが娘さんを「ちょっと遠くで見ている」という話から、蘭ちゃんも息子さんとの距離について考えます。介入と放置の間って簡単そうに見えて実は難しいようでーー。そしてサクちゃんからの質問、「親になって気がついた、子どもの頃してほしかったこと」に、蘭ちゃんはなんと答えるのでしょうか?(毎週火曜日更新)

サクちゃんへ

こんにちは。

もうすぐ5月が終わります。例年ならもうこの時期から「暑い暑い」と言っていたように思いますが、今年の5月は寒いくらいでしたね。気温や気圧の変動で大変な人もいたのではないかな。

わたしは今月は毎日のように気分が低迷していたので、逆にそこで安定していました。仕事が忙しくて余裕がなかったり、子供とうまくコミュニケーションできなかったり、わけもなく落ち込んだり。星占いを見ると獅子座は低迷の時期だったらしいので、星周りのせいにして淡々と過ごすよう心がけています。

なんか最近「淡々と」って改めていい言葉だなと思うんですよね。深刻にならず、感情的にならず、ただただマイペースに。「淡々と」を口癖にコツコツ歩いた1ヶ月でしたが、それも悪くなかったんじゃないかなぁと思います。

ー・-・-

さて、前回のサクちゃんの日記、娘さんのあーちんとのやりとりがとても素敵でした。旅行中ずっと別行動だったけど「ちょっと遠くで見ててくれるのがうれしいんだよねー」と言っていたところとか、なるほどな、と。わたしは子供を、「ちょっと遠くで見て」あげられているかな? ガンガン介入してしまったり、もしくは全然見ていなかったりしちゃってるかもしれないなぁと思いました。

前回の長男の塾の宿題の話の続き。
お風呂場で
「塾の宿題見てくれるとき、もっと優しい言葉で注意してほしい。そうでないと僕は嫌な気持ちになるから」
と言われたにも関わらず、わたしはその後また怒ってしまい、長男を泣かせてしまいました。優しい言葉で注意するって約束したのになーと、大変な自己嫌悪。

もうこれはあかんわと思い、
「ごめん。私はもう塾の宿題に口出ししないようにするから、一人で頑張ってほしい」
と塾の宿題からの撤退を試みたのですが、長男がそれを聞いて首を振り、
「僕はお母さんのサポートがないと頑張れないから助けてほしい」
と言うのです。

それを聞いて、全か無かになるのもわたしの悪い癖だと思いました。つまりは介入するでもなく放置するでもなく、「ちょっと遠くで見て」あげられるように、わたしが変化しなくてはいけないということだなと。また怒って泣かせてしまうかもしれないけれど、それこそ淡々とサポートしていけたらいいなと思います。

ー・-・-

「蘭ちゃんは、親になって気がついた、子どもの頃してほしかったことはありますか?」
というサクちゃんの質問ですが、親になって気がついた、かぁ。なんだろうな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

soyosoyohuwawa 明日まで公開の土門さんの会。 自分と周囲のあいだに育てている 安心できる居場所について考えた。 https://t.co/YM5CvsKLyE 11ヶ月前 replyretweetfavorite

yorusube 「子供だったわたしもここにいたらいいのに、と、よく思います」 12ヶ月前 replyretweetfavorite