わかる日本書紀

妃の名を残すためだけに直轄民が設定された例【第26代⑤】

ややこしい日本書紀をわかりやすく紹介した書籍『わかる日本書紀』シリーズ第3巻から、日本の正史を学ぶ連載。今回は第26代、継体天皇の御代のお話。

己汶(こもん)・帯沙(たさ)をめぐる争い②

八年正月、皇太子の后カスガヤマダは、朝遅くなって現れいつもと様子が違っていました。
皇太子は不審に思って、宮殿に入って中を見ると、妃は床に伏して泣きじゃくり、嘆き、堪えることができない様子でした。
皇太子はいぶかって、
「今朝泣いていたのは、どんな心配があるのか」
と尋ねました。

妃は、
「悲しんでいる理由は、ほかでもありません。
空を飛ぶ鳥も、子を愛しみ養おうと梢に巣を作るのは愛情が深いからです。地を這う虫も、子を守ろうと、土の中に穴を作るのは、守ろうという気持ちが厚いからです。
まして人として、考えないではいられません。
跡継ぎのない恨みは、皇太子に集まります。私の名もやがて消えてゆくでしょう」
と言いました。それで皇太子は嘆き心を痛めて、天皇に話しました。すると天皇は、
「わが子マロコよ、お前の妃の言葉は深く理にかなっている。ばかばかしいと放っておけないし、その気持ちを受け止め慰めずにはいられない。
匝布屯倉(さほのみやけ)※1を与えて、妃の名を万世まで伝えよ」
と言いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本のはじまりを知る。

この連載について

初回を読む
わかる日本書紀

村田右富実 /つだゆみ /村上ナッツ

『日本書紀』は神代から第41代持統天皇の時代までを扱った日本最古の歴史書です。しかし本文は漢文、全30巻と長く読解は難しいため、正史ながら読んだことのある人はほぼいません。そこで、劇作家が書くわかりやすい文章と、親しみやすいキャラクタ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません