貯金が一番の「お金の無駄遣い」

あえてレールから外れよ。3歳児の気持ちで、のめり込め。常識とか世間体なんか、「ぜんぶ無視だ」。堀江流「生き方改革」として、「自分の人生を取り戻す」ための、行動スキルを指南します。今回から、「お金の使い方」について。「将来への蓄えは必要ではない」。その第1弾です。「貯金が美徳というのは、間違っている!」。3月11日発売の近刊『非常識に生きる』より特別公開します。

お金は使わない限り、活きてこない

僕の通っていた福岡の小学校では、親戚からもらったお年玉を郵便貯金するように教えられていた。40年近く昔の話だ。

新学期、生徒たちは茶封筒にお年玉を入れ、講堂に集められた。講堂には郵便局員が来ており、そこで口座をつくって、お年玉を貯金する手続きをさせられた。先生から貯金したいかどうか、意思確認をされた記憶はない。みんな黙って従っていたけれど、本心はどうだったんだろう。僕は「なんで郵便局に貯金しないといけないの?」と、不思議でならなかった。せっかくもらったお年玉を、なかば没収されるような形で、貯金することになってしまった。少しもありがたくない。

学校の先生も、両親も、世間の大人は「貯金は大事です」と言う。それは、大間違いだ。少なくとも人生にとって、大事な行為ではない。
貯金が趣味だったり、何らかの目的があって貯めているのはいいと思う。でも、使い道がないのに預金通帳にお金を余らせ続けるのは、本当にバカバカしいことだ。

郵便貯金は第二次世界大戦中、戦費調達のキャンペーンから全国に普及したものだ。戦争がなくなった現在は、国債を償却するために、国民から預けられたお金を勝手に運用している。詐欺とまでは言わないが、そんな「横取り」を普通にやっている機関に、せっかくのお年玉を吸い取られてしまった。あの悔しさと疑問は、大人になってからも、ずっと頭の隅に引っかかっていた。

多くの著書で説いているが、銀行などの金融機関に預けているお金は、単なる債権だ。貯金は、いざというときのための資金だというけれど、通帳の金額が多ければ多いほど、それだけ銀行に対して、債権を背負っているのと同じなのだ

貯金は生活の安心につながると、大人は言うかもしれない。しかしその金額ぶん、債権者としての負担を増やしているのだ。返してもらわないといけないお金を増やして、手元に使えるお金を減らす。それが、なぜ安心なのだろう?

僕の言い分は、極論すぎるかもしれない。しかし批判されようと、言い続ける。
貯金が美徳というのは、間違っている!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「みんな一緒」の正義を疑え! レールから外れる41の行動スキルを伝授!

非常識に生きる

堀江 貴文
小学館集英社プロダクション
2021-03-11

この連載について

初回を読む
非常識に生きる

堀江貴文

あまたの事業を成功させてきた男、堀江貴文。実現できたのは、莫大な資金や、特殊な才能があったからではない。 ただ、好きなことに「没頭」してきたからだ! あえてレールから外れよ。 3歳児の気持ちで、のめり込め。 常識とか世間体なんか、ぜん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

amgs6500 https://t.co/ZSjWnK1F59 19日前 replyretweetfavorite

ShoProBooks #堀江貴文さん 新刊『#非常識に生きる』、 cakesにて、ランクインしております! 自分の人生を取り戻すための、堀江流「生き方改革」。 ぜひ、ご覧ください! @takapon_jp https://t.co/RlXVjXv51i 22日前 replyretweetfavorite

ShoProBooks #堀江貴文さん 新刊『#非常識に生きる』、 cakesにて、最新記事が公開されました! 自分の人生を取り戻すための、堀江流「生き方改革」。 ぜひ、ご覧ください! @takapon_jp https://t.co/RlXVjXv51i 23日前 replyretweetfavorite

DI5K455ETTE 今この時はもう買うことすら出来ない。 23日前 replyretweetfavorite