​仕事ができるのはこんな人

今回の「ワイングラスのむこう側」は、仕事に取り組む姿勢についてです。林伸次さんが思う、仕事ができる人とはどういう人なのでしょうか?

大手コーヒーチェーンで見かけたおじいさん

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

先日、ある大手チェーンのカフェで並んでいたところ、前に並んでいたすごく上品なおじいさんがカウンターで、「コーヒー、ひとつもらえますか?」と注文していました。担当した店員は、「コーヒーは本日のコーヒーが◯◯の豆です。エスプレッソならアメリカーノとラテと△△がございますが~」みたいなことを言って対応したんですね。おじいさんはその場で固まってしまったんですが、しばらく悩んでやっと注文したんです。

そこにさらに店員が「サイズはショートとトールとグランデがございますが」って言うと、またそのおじいさんは固まってしまって、しばらく悩んでいると、そこに店長の名札を付けた男性が登場しました。

僕は、店長ならわかりやすく説明できるだろうなと思ったら、店長はメニューを指さして、「サイズはショートとトールとグランデがあるんです。どれが良いですか!?」って大きい声で言うだけだったんです。おじいさんが困っていたことって、そういうことではないと思ったんですが、気圧された感じでメニューを指差して注文が決まっていたようでした。

うーん……、こういうシーンって時々目撃しますよね。おじいさんが「コーヒー、ひとつもらえますか?」と言ったということは、恐らくエスプレッソとかスペシャリティコーヒーとかをよく知らない人で、オーソドックスなホットコーヒーを飲みたいんだろうなって、察しが付くと思うんです。

チェーン店だからマニュアルがあるのかもしれません。チェーンとはいってもお店としてのこだわりもあると思います。でも、人が人の接客しているのだから、その場その場で臨機応変に対応してほしいなあと思ってしまいました。大きさなら、本物のカップを見せればおじいさんでもすぐ理解できたと思うんです。

せっかく自分が関わるならより良い場所にしたい
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

本連載の書籍化、第二弾です!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

henshokuqueen 仕事ができるのはこんな人|林伸次 @bar_bossa | ちょっと忙しさにかまけてやるべきことをサボっていたことを見透かされた感。仕事をしている時の自分も好きになれるように、今日から変えていこう、と思った。 27日前 replyretweetfavorite

restart20141201 外国人コンビニ店員は、 語学堪能、国に帰ればエリート候補のはず。対応が丁寧なのもうなずける。 |林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 https://t.co/JApGuoI8e9 27日前 replyretweetfavorite

Orange__People 仕事ができるのはこんな人|林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 https://t.co/t5k3iNOv3E 27日前 replyretweetfavorite

madodododo_do 仕事ができるのはこんな人 良い関係って一言で言っても難しい。相手の立場になって考えられる人って素晴らしいよね。 https://t.co/pHomQMy98l 27日前 replyretweetfavorite