エージェント・スミス」のままで後悔しないか?

あえてレールから外れよ。3歳児の気持ちで、のめり込め。常識とか世間体なんか、「ぜんぶ無視だ」。堀江流「生き方改革」として、「自分の人生を取り戻す」ための、行動スキルを指南します。今回から、「習慣にすること」について。「没頭すればバランスは必要ない」。その第9弾です。「ルールに従うことが望みか」。3月11日発売の新著『非常識に生きる』より特別公開します。

その他大勢に甘んじるのは危ない

世の常識というものに従って生きている人たちは、ウォシャウスキー兄弟姉妹監督の映画『マトリックス』に登場する、エージェント・スミスになりつつあるように感じる。エージェント・スミスとは、電脳空間“マトリックス”の監視や破壊行為の防止のために存在している、人間型ソフトウェアだ。

解放を求めて戦いを挑むレジスタンスたちを排除する役割を持っている。覚醒した主人公ネオの敵となり、マトリックスの秩序を守ろうとするのだ。

ネオと、エージェント・スミス。観客が感情移入しやすいのは、ネオの方かもしれないが、どちらが正義で、どちらの方が幸せなのか?と問われると、答えは分かれるのではないか。
ネオのように世界の規範を打ち破って、革命的に生きていくことが、必ずしも正しい!とは言えないだろう。

長引く不景気と就職氷河期以降、現実社会では、常識に黙って従うエージェント・スミスの側のマインドの人は、確実に増えている。

古くからの大きなシステムに逆らわず、伝統的なルールを正義として、異物を排除することで安心感を得ている。その勢力は、不用意な発言をした著名人をSNSでつるし上げ、謝罪を強要したり、最悪は自死に追いこむ事件を多発させている。
現代のスミスたちは、ネットの世界で歪なポピュリズムを形成しているようだ。

リアルでは行動せず、ネットでの憂さ晴らしが安らぎという、エージェント・スミス寄りの生き方は、愚かでも悪でもない。いまの時代、生活コストは格段に安く抑えられる。苦労してお金を稼がなくても、飢えずにそこそこ暮らしていける。多様なレジャーも安価に提供されていて、行動する意欲さえあれば、財布は軽くても退屈はしない。スマホアプリを使ったゲームやイベント、クリエイションはひと昔前だったら、富豪にしかできなかったような遊びだ。
常識の管理の下で、人は何不自由なく、ラクに暮らしていけるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「みんな一緒」の正義を疑え! レールから外れる41の行動スキルを伝授!

非常識に生きる

堀江 貴文
小学館集英社プロダクション
2021-03-11

この連載について

初回を読む
非常識に生きる

堀江貴文

あまたの事業を成功させてきた男、堀江貴文。実現できたのは、莫大な資金や、特殊な才能があったからではない。 ただ、好きなことに「没頭」してきたからだ! あえてレールから外れよ。 3歳児の気持ちで、のめり込め。 常識とか世間体なんか、ぜん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

inai104104 #スマートニュース 26日前 replyretweetfavorite