三菱今昔 150年目の名門財閥#9】主要産業で存在感 スリーダイヤの覇権力

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2020年3月16日発売当時のものです。

三菱系企業は今も昔も日本の産業を牽引
主要産業で存在感 スリーダイヤの覇権力

 三菱を代表する27社からなる金曜会。銀行から保険、電機、自動車、不動産、商社、石油、素材まで、多種多様な国内主要産業に広がる。三井、住友の企業グループと比較しても、その裾野の広さは三菱ならではの特徴だ。業界ごとの売上高ランキングを見ても、多くの三菱系企業がトップに位置している。

 そもそも明治の殖産興業時代、財閥としては新興であった三菱が発展したのはなぜか。経済史が専門の武田晴人・東大名誉教授は、「戦前の三菱は本社が金融機能を担い、それぞれの子会社が事業を担うという役割分担があり、本社を軸にグループで一枚岩になる態勢ができていた。また、現場の情報が本社に上がりやすいなど、事業運営がうまくいっていた」と指摘する。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません