三菱今昔 150年目の名門財閥#4】本家4代目当主「岩崎寛彌」

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2020年3月16日発売当時のものです。

岩崎彌太郎の玄孫
「4代目当主の寛彌氏は頭取の器だった人。しかし、排除された」

元衆院議員・木内孝胤

 私の家は曽祖父、祖父、父とみんな役人で、三菱系の会社にいるのは三菱商事にいる兄くらいだ。父(昭胤)は外交官だったが、田中角栄元首相の秘書官を務め、旧田中派と親しかった。私の母方の祖父は渋沢栄一の次男で、渋沢とも縁続きになる。

 父の仕事の関係で10歳から13歳を英国のボーディングスクールで過ごし、帰国後は帰国子女を受け入れていた成蹊中学に入学した。入試のとき母親から「あなたの親戚が建てたのよ」と言われたのを覚えている。成蹊は岩崎小彌太と中村春二先生が設立した学校で卒業生は三菱にも多い。自由な校風で、夏は水球に明け暮れ、英語の配点が高かった慶応大学に進んだ。

 就職の相談に行ったのが、三菱銀行(当時)の社外取締役をしていた(三菱本家で)4代目当主の岩崎寛彌氏だ。私は子供の頃からかわいがられた。明るく面白い人で、なかなかの大人物だった。「銀行はつまらないからやめろ」と言われたが、2時間ほど話すうちに、やはり銀行だという結論になり、その場で役員に話を通してくれた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません