三菱今昔 150年目の名門財閥#2】岩崎4代の偉業と末裔の今

この連載では、週刊東洋経済に掲載された記事からcakes読者にお読みいただきたいテーマをピックアップしてお届けします。

※この記事の情報は、『週刊東洋経済』2020年3月16日発売当時のものです。

土佐の「地下浪人」から最強財閥へ
岩崎4代の偉業と末裔の今

ジャーナリスト・國貞文隆

 「寛彌(ひろや)とは結構親しくてね。土佐の彌太郎の血を引き継いだせいか、酒にも強くて。酔って目が据わってくると、怖いから逃げるんです(笑)。でも、財閥家の当主として帝王学を受けて育った魅力的な人でした。仕事ではキレ者ぶりを発揮し、もし一国一城の主だったら、必ず何事かを成し遂げていたと思いますよ」

 2018年に亡くなった、古河財閥創業家5代目当主の古河潤之助氏から、かつてそう聞いたことがある。岩崎彌太郎直系の本家当主で、元三菱銀行取締役の岩崎寛彌氏は、2008年に死去している。生前は、酒好きとして知られ、夕方から丸の内の東京会館のバーや、湯島の居酒屋「シンスケ」でゆっくり酒をたしなむことを常としていた。

 同じ財閥家の当主同士、寛彌氏と親しい交流があった古河氏は、三菱における創業家の役割についてこう語った。「三井や住友は番頭がよかったから、必然的に当主の力が弱くなった。三菱は岩崎さんが財閥解体直前まで第一線で仕事をしてきたから、今もグループの団結力があるのです」。

創業家4代が陣頭指揮
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
経済はドラマチックだ」週刊東洋経済

週刊東洋経済

「経済はドラマチックだ。」 日々、あふれる経済ニュース。じっと眼をこらすと、そこには挑戦や成功、葛藤や挫折があります。私たちは人々が放つ熱を記事にし、お伝えしています。週刊東洋経済でしか読めないストーリーがあります。 この連載では、週...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません