どんな自分が好きかは、他人に求めるものからわかる

もともと「夢」に苦手意識のあるサクちゃん。蘭ちゃんの「夢と期待」とは違う考えを持っているようです。全く違う部分もあって、ぴったり一緒な部分もある。そんな二人の関係性を覗かせる今回の日記です。これって、サクちゃんの唱える「夢組と叶え組」にも当てはまるんですね。(毎週火曜日更新)

蘭ちゃんへ

こんにちは!

連休が終わりましたね。わたしのGWは、雑談のお仕事の希望日がみなさんの仕事がお休みの日に集中するため、オンラインで雑談祭りの日々でした。

社会に出てから、人が休む日に仕事をする(お菓子屋さんも休日は稼ぎ時でした)のが普通で、今も変わらずそんな感じです。そのかわり、みんなが仕事している平日に休んで、思いきりダラダラしたり空いている街に出たりします。ひねくれ者のわたしにはぴったりです。

自宅の引越しも無事に済んで、ようやく新しい家に慣れ、場所に馴染んできたところです。今のところとても快適です。いつか遊びにきてね。おつまみをたくさん作っておくので、一緒にお酒を飲もうね。

*ー*ー*

蘭ちゃんの「夢と期待」についての話をきいて、正直に言うと、わたしと蘭ちゃんの考えはだいぶちがうものでした。

もちろん、蘭ちゃんが言いたいことはわかるのだけど、わたしは人と出会って仲良くしたいなと感じたとき、そこに「夢」の要素を見ていないような気がするし、自分に飽きたときに他人やものに「期待」することがなぜよくないのかも、よくわからないのです。

まず前提として、わたしは今までも何度か書いてきたように「夢」の要素が苦手です。それは「未来」を見るのが苦手で、自分を作る要素が「過去と現在」で、そこばかり見てしまうからです。これは、単に私の性分ね。

そんなわたしにとって「夢」は「未来をみること」で、もうすこし細かく言えば「自分の未来に期待すること」です。

夢と期待は別ものではなく、何に期待するかのちがいなのかなと思いました。そして、他人やものによって自分の未来に期待するのを悪いことだと思いません。

もし、そこによくない点が含まれているとしたら、期待そのものではなく、自分のために他人の行動や感情をコントロールしようとしたり、悪い結果を先に想像して思い込んだり、自分よりも他人の行動や思いを優先してしまうことです。

蘭ちゃんは、期待するのは他人に主導権があってギャンブルだと書いていたけれど、期待することが悪いのではないと思うんだよな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サクちゃん蘭ちゃんのそもそも交換日記

土門蘭 /桜林直子

東京でクッキー屋さんをしている「桜林直子(サクちゃん)」と、京都で小説家として文章を書く「土門蘭(蘭ちゃん)」は、生活も仕事も違うふたりの女性。この連載は、そんなふたりの交換日記です。ふたりが気が合うのは、彼女たちに世界の「そもそも」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

darling00000000 分人主義って初めて知ったけど、どの自分も認めているみたいでいいな。 25日前 replyretweetfavorite

ittan_momeo >自分から出てくるものに飽きて、自分の中にこんなのもあったのか!と驚くことがないというのは、今の段階では自分に向き合い切ったからじゃないかな。それは、いいことだと思う。 https://t.co/GPWuPG5EwT 25日前 replyretweetfavorite

kengyoguitarist 「」 -- https://t.co/rmyNYQ9Y9H 26日前 replyretweetfavorite